HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

ティータイムにおいしいクッキーはいかが? 贈り物にもおすすめの高級クッキー

ティータイムに欠かせないお菓子としてクッキーがあげられます。つまんで食べることができる小さくて手軽なお菓子ながら、おいしさがしっかりつまっており、店によって形や味が異なることも魅力のひとつです。 ちょっとしたお客様の時、おいしいお茶といっしょに楽しめる、人気の高級クッキーをご紹介します。贈り物やお土産にもおすすめですよ。

クッキーとは

小麦粉を主原料とした焼き菓子クッキー。クッキーの元といわれるものが誕生したのは7世紀といわれています。その後、人々が世界を旅するようになり、旅の供として携帯されたクッキーは各地に広がっていきました。

生地を型抜きして成形する型抜きクッキー、やわらかい生地を絞り出して成形する絞り出しクッキー、冷凍した生地をスライスして成形するアイスボックスクッキーをはじめ、製法はさまざま。各国の伝統製法で作られているものもあります。

ツッカベッカライカヤヌマ「テーベッカライ」

オーストリア国家公認の日本人マイスター、栢沼氏の手がけるクッキーの詰め合わせ、ツッカベッカライカヤヌマ。ハプスブルグ家の紋章が入っている上品な黒缶には、バニラ・チョコレート・シナモン、3種類のクッキーが詰められています。どのクッキーもバターの風味がたっぷりで、しっとりした口当たり。ファンが大変多いことでも知られています。

サイズは4つ。追加料金がかかりますが、プレゼント用には美しいラッピングもしてくれます。店頭で購入できるのは一人5缶まで。5缶以上購入する場合は予約が必要となっています。

ミッシェルバッハ「夙川クッキーローゼ」

西宮の高級クッキーといったらミッシェルバッハの夙川クッキーローゼ。おいしいケーキも定評があるミッシェルバッハですが、夙川クッキーローゼは購入の難しさから、幻のクッキーともいわれています。

粉砂糖で化粧されたレトロな見た目のクッキーの種類は2つ。アプリコットジャムとチョコレートががあります。どちらもサクサクでバターの風味がたっぷり。保存料不使用なのに常温で3週間保存可能なこと、嬉しいポイントです。

生地を寝かせ、焼き上げられるまで3日を要するクッキーは、通信販売はしておらず、予約しても数ヶ月待ち。当日売りもありますが、開店前から並んでも購入できないことがあるようです。

マリベルチョコ「ワンダートレジャー」

京都のマリベルチョコは、NY・ブルックリンに本店があるチョコレート専門店です。最高水準のチョコレートのおいしさ、美しさの定評はもちろんですが、クッキーの詰め合わせ「ワンダートレジャー」も大変人気の高い商品です。店でひとつひとつ手作りされているため、限定生産。購入も一人2個までとなっています。

おしゃれな銀の缶につめられているのは10種類のクッキー。ふたを開けると、色も形もさまざまなクッキーがぎっしり詰められています。クリスマスシーズンには、ゴールド缶が発売されるようです。

まとめ

高級クッキー、いかがでしたでしょうか。ご紹介したクッキーはみな、ひと目見ただけで、ひと口食べただけで「このお店!」と当てることができるほど特徴を持つものばかり。そしてそれぞれ高い人気を誇り、その人気を維持しているものばかりです。ファンも多いおいしいクッキーで、ティータイムを楽しんでみてはいかがでしょうか。

INTRODUCTION of THE WRITER

Kinako
name. Kinako

RELATED

ティータイムに欠かせないお菓子としてクッキーがあげられます。つまんで食べることができる小さくて手軽なお菓子ながら、おいしさがしっかりつまっており、店によって形や味が異なることも魅力のひとつです。 ちょっとしたお客様の時、おいしいお茶といっしょに楽しめる、人気の高級クッキーをご紹介します。贈り物やお土産にもおすすめですよ。