HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

ダイエット効果の高い運動は腹筋よりもスクワット

女性の誰もが憧れる、スラリとした余計な脂肪の無い身体を目指す時ダイエットは必ず通る課題といえます。 ダイエットというと食事制限だけをする人は多いですが、本当に美しいスタイルを目指そうと思うのであれば筋肉はとても大切です。 そしてそのダイエット効果の高い筋トレの1つがスクワットとなのです。

正しいスクワットを行うことにより全身の筋肉が鍛えられる

スクワットの正しいフォーム?間違ったフォーム?

全身の筋トレにもなるスクワットは間違ったフォームで行うことによって怪我をしてしまい、それによって長い間筋トレを行うことが出来なくなることもあるのです。

どこでもスペースさえあれば気軽にできる筋トレ法ですが、正しいフォームを身につけないとそういった 怪我などを追ってしまう恐れもあるということです。

怪我などをせず安全にスクワットを行うためにも一度自分の方も見直し、 正しい筋トレ方法を身につけるといいでしょう。

正しいフォームを身につけ、安全な筋トレを

スクワットを正しく行うためにまず足を肩幅程度に開くようにしましょう 。腕は前にまっすぐ伸ばすか胸の前で組むと良いです。
そしてしっかり胸を張った状態で背筋を伸ばし、つま先は外側へ曲げすぎないように注意ほぼまっすぐくらいがいいでしょう。

そのまま股関節を曲げながら腰をゆっくりと落としていきます。この際膝が90度になるように意識し、太ももと床がまっすぐな状態がベストです。

腰を落とし切ったらその状態のまま3秒程度キープするようにします。 3秒たったらゆっくりと 姿勢を元の状態に戻して行き、 その時の姿勢はまっすぐ前を向くようにしましょう 。

間違ったフォームとは?

まずスクワットを行った際しゃがむ角度が浅い人がいますが、 太もも最大限に変えたいのであれば膝を90度くらいまで曲げることが大切です。

次に 体を下げると同時にかかとが上がってしまう人がいますが、無意識にやっているのであればかかとを上げないフォームに改善する方がいいと思われます。
これは、かかとを上げることによってスクワットの最中にかかる膝への負担が大きくなってしまうため、膝の故障の率が上がってしまうからです 。

他によくあるのが膝が前に出過ぎていたり、 お尻から先にあげてる人や 膝が内側を向いていってしまう人などがいます 。

こういった間違ったフォームで行われるスクワットによって、 最悪の場合怪我をする恐れも考えられますので 一度鏡などを見ながら自分のフォームを見直していただければと思います 。

INTRODUCTION of THE WRITER

りとりと
name. りとりと

RELATED

女性の誰もが憧れる、スラリとした余計な脂肪の無い身体を目指す時ダイエットは必ず通る課題といえます。 ダイエットというと食事制限だけをする人は多いですが、本当に美しいスタイルを目指そうと思うのであれば筋肉はとても大切です。 そしてそのダイエット効果の高い筋トレの1つがスクワットとなのです。