HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

タイヤは性能で選びたい!!輸入車にぜひ装着したいおすすめの欧州3大タイヤ

自動車には欠かせないタイヤですが、国内ではアジアンタイヤが売れているようです。コストパフォーマンスが良いとの噂です。タイヤはよく見なければ違いがわかりにくいものです。また、消耗品だし、高いタイヤだからといって格安タイヤより長く使えるわけではありません。スピードを出すわけでもないのなら、格安タイヤでいいのではと思うかもしれません。しかし、せっかくプレミアムな車に乗っているのであればタイヤにもこだわりたいものです。

タイヤの種類って?

タイヤには様々な種類があります。燃費など経済性を重視したエコタイヤや、ミニバン専用タイヤ、レース用Sタイヤなどもありますが、一般的なものを大きく分けると「スタンダードタイヤ」、「コンフォートタイヤ」、「スポーツタイヤ」と3つに分類されます。

「スタンダードタイヤ」

「スタンダードタイヤ」はタイヤ選びの基準となるタイヤです。何か1つの性能に特化しているわけではありませんが、バランスの取れているタイヤです。とりわけ耐久性と価格に重点を置いています。

「コンフォートタイヤ」

「コンフォートタイヤ」は高級車に採用されることが多く、長時間走行していても快適なタイヤです。走行中の騒音が抑えられおり、安全性も向上させています。しかし、その分値段も高くなります。

「スポーツタイヤ」

「スポーツタイヤ」はグリップ性能に特化したタイヤです。レースで培った技術を反映させていることが多く、トレッドデザインの高さも魅力の1つだと言えます。グリップ性能に特化しているため、耐久性は低く消耗が早い場合もあります。

タイヤの選び方は?

タイヤの種類がたくさんあるとどれにするか迷ってしまうかもしれません。どのメーカーにも大抵は上記に述べた「スタンダードタイヤ」、「コンフォートタイヤ」、「スポーツタイヤ」が用意されているので、「乗っている車」、「車の走りに何を求めているか」、「価格」を基準に決めると良いでしょう。

この基準で決めると、フェラーリに「スタンダードタイヤ」では車の性能に合っていませんね。サイズも用意されていないと思います。この場合の選択は「スポーツタイヤ」になります。

輸入車おすすめのタイヤ

輸入車、特にヨーロッパの輸入車にはメーカー指定になっていることも多い欧州の3大メーカーのタイヤがおすすめです。
欧州3大メーカーといえば、フランスの「ミシュラン」、イタリアの「ピレリ」、ドイツの「コンチネンタル」です。

「ミシュラン」

「ミシュラン」は耐久性が高く、静粛性に優れているのが特徴です。数々のレースでも採用されているタイヤで、スポーツタイヤの性能も素晴らしいタイヤです。

「ピレリ」

「ピレリ」は車重が重く、高出力の車に採用されることが多いタイヤです。グリップ力の高いタイヤですが、経年劣化によるひび割れが発生することが多いようです。

「コンチネンタル」

「コンチネンタル」はドイツ車に良く採用されているタイヤです。アウトバーンで鍛えられた高速走行性能の高さが魅力です。高速を走ることが多く、距離を多く走るならおすすめでしょう。

タイヤを変えると車が変わる

タイヤは路面と車の唯一の接点で、重要な働きをしています。同じ状況でもタイヤの性能の差で事故にならなかったという場合もたくさんあります。
耐久性、快適性、グリップ力、これらの性能を全て高いレベルで満たそうとするとタイヤは高価になりますが、快適で安全な乗り心地には良いタイヤが欠かせません。
ぜひ車の使い方に合わせたタイヤをチョイスしてみてください。

INTRODUCTION of THE WRITER

Jun-.-nuj
name. Jun-.-nuj
旅行が大好きな30代です。プロトラベラーを目指して日々奮闘中です。

RELATED

自動車には欠かせないタイヤですが、国内ではアジアンタイヤが売れているようです。コストパフォーマンスが良いとの噂です。タイヤはよく見なければ違いがわかりにくいものです。また、消耗品だし、高いタイヤだからといって格安タイヤより長く使えるわけではありません。スピードを出すわけでもないのなら、格安タイヤでいいのではと思うかもしれません。しかし、せっかくプレミアムな車に乗っているのであればタイヤにもこだわりたいものです。