HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

セレブご用達ブランドchromehearts(クロムハーツ)の魅力とは?

セレブご用達ブランドのクロムハーツ。高級シルバーブランドとして90年代に日本上陸。シルバーアクセサリーの価値を確実に格上げしたブランド。そしてファッショニスタからセレブレティーまでクロムハーツの愛用者は世界中の存在します。世界中のファッショニスタを虜にするクロムハーツの魅力とは?

Contents / 目次

chromehearts(クロムハーツ)が向上させたシルバーアクセサリーの価値観

90年代にシルバーアクセサリーブームを席捲したクロムハーツ

クロムハーツと言えば90年代に日本に上陸したシルバーアクセサリーブランドです。古着、渋カジ、アメカジ、裏原ブームの中大ブレークを果たした高級シルバーアクセサリーブランドです。今でこそ「クロムハーツ=高級シルバーアクセサリー」のイメージですが90年代クロムハーツが日本に上陸した当時はシルバーアクセサリーはおもちゃとしての評価の方が強いitemでした。特に大人やセレブレティーがシルバーアクセサリーを付ける事はほとんどない時代。シルバーと言えばティファニーくらいがセレブ愛用シルバーブランド。

+ fittin +

Chrome Hearts Officialさん(@chromeheartsofficial)がシェアした投稿 -

少なくともドレスアップしたstyleにシルバーアクセサリーを付ける事は殆どありませんでした。ゴールドやプラチナに比べて極めて低かったシルバーアクセサリーの地位を飛躍的に向上させたブランドであり、後のシルバーアクセサリーブームを席捲したブランドでもあるクロムハーツ。今もなおトップアクセサリーブランドとして君臨するクロムハーツ。その誕生とは?

chromehearts(クロムハーツ)とは?

クロムハーツ=錆びないハート

+ "one sedated eve" + love my daddy xx jesse jo

Chrome Hearts Officialさん(@chromeheartsofficial)がシェアした投稿 -

chromehearts(クロムハーツ)は錆びないハートと言う意味を持ちます。かなり以前のデザイナーのインタビューで錆びない心を持っている大人の為のブランドだとデザイナー自身が答えていました。クロムハーツのデザイナーはリチャード・スターク。リチャード氏が1988年に創立したブランドです。クロムハーツ=シルバーアクセサリーのイメージが先行し勝ちですが実はレザーアイテムが主流。クロムハーツ創立当初はリチャード氏自らが身に付けるレザーウエアーを製作したかった事が始まりと言われています。

++

Chrome Hearts Officialさん(@chromeheartsofficial)がシェアした投稿 -

リチャード氏は元は大工。つまりジュエリーやファッションの専門学校や大学で学んだわけではありません。完全なる現場主義。欲しいモノを作ると言った情熱がクロムハーツと言うブランドの原動力にように感じます。元々ハーレーが趣味であった彼はハーレーに似合うレザーアイテムを製作します。レザー好きだったリチャード氏はレザー製品のセールマンに転身。これがクロムハーツを設立するきっかけとなります。

chromehearts(クロムハーツ)は出会いから始まった

3人のプロが作り出しカリスマブランドクロムハーツ

クロムハーツのデザイナーはリチャード・スターク氏ですがクロムハーツは彼一人で始めたブランドではありません。運命的な3人に出会い、カリスマブランド「クロムハーツ」が産声を上げます。リチャードは同じレザーのセールスマンのジョン・バウマンと出会います。バウマンはリチャードの仕入れたレザーのクオリティの高さに驚かされます。この時共同でレザービジネスの話しが上がったと言います。リチャードとジョンのビジネスはあくまでレザーアイテムのみ。そこに彫金師であるレナード・カムフォートが加わりクロムハーツが今のカタチとなります。

+ "first jacket i ever made" circa 85' +

Chrome Hearts Officialさん(@chromeheartsofficial)がシェアした投稿 -

つまりクロムハーツはレザー中心のブランドからシルバーブランドへと認知のされ方が変わったという事です。元々はボタンやジップにシルバーアイテムを使っていたことがきっかけです。シルバーアイテムはいわば付属品でした。しかし付属品にハンドメイドのシルバーアイテムを使う発想は流石です。この時はもちろんまだ無名のクロムハーツ。しかしやっている事はハイブランド以上です。3人のプロが本気で作り上げたブランドであるクロムハーツを世間が放っておくはずはありません。

chromehearts(クロムハーツ)は口コミでアメリカ中に広まった

ハイクオリティーなレザーに繊細なシルバーパーツが大人の不良を虜に

+ ring rally +

Chrome Hearts Officialさん(@chromeheartsofficial)がシェアした投稿 -

クロムハーツは創立後すぐにバイカーの間で話題となります。ハイクオリティーなレザーに繊細なシルバーパーツをあしらったラグジュアリーなライダースジャケットの話題は、あっという間にアメリカ中にに広がります。クロムハーツは宣伝を一切しないにも関わらず品薄状態となります。金額は無名ブランドにも関わらずハイブランド並み。しかしホンモノも求める大人の不良はこぞってクロムハーツのレザーアイテムを求めました。

+ OTJ +

Chrome Hearts Officialさん(@chromeheartsofficial)がシェアした投稿 -

クロムハーツのレザーアイテムの愛用者からシルバーパーツでアクセサリーを作って欲しいと要望があり今までパーツしか製作していなかったシルバーを使ったアクセサリーが展開されます。そしてこのシルバーアクセサリーが大ブレーク。それ以降クロムハーツ=シルバーアクセサリーのイメージが定着しました。

chromehearts(クロムハーツ)のレザーアイテムが映画の衣装としてスクリーンデビュー

ライダースが映画の衣装として登場

+ custom @mattyboy90 x @chromeheartsofficial +

Chrome Hearts Officialさん(@chromeheartsofficial)がシェアした投稿 -

クロムハーツ設立して間もない1989年にクロムハーツは映画の衣装を手掛けています。「チョッパーズ・チップス・イン・ゾンビ―・タウン」という映画でライダースを製作。しかしインタビューでリチャードは「製作品の関係からシルバー装飾のないシンプルなライダースを製作した」と言っています。クロムハーツとは分からない程のシンプルなitemの様です。映画は友人が監督をしていた映画の様ですが映画の衣装とかなり凄い!

chromehearts(クロムハーツ)の日本上陸はいつ?

1990年にインテレクチュアルギャラリーが国内正規のクロムハーツ取扱店

+ accessories hall at Selfridges London +

Chrome Hearts Officialさん(@chromeheartsofficial)がシェアした投稿 -

クロムハーツの正規取扱は1990年の岩手のセレクトショップ「インテレクチュアルギャラリー」です。その翌年にコムデギャルソン青山にてクロムハーツのライダースが取り扱われかなり話題となりました。コムデギャルソンのデザイナーの川久保玲はクロムハーツのライダーに魅せられた一人です。川久保女史がクロムハーツのライダースの愛用者である事は有名です。川久保玲がディレクションを務める「ドーバーストリートマーケット」に於いてギャルソンとクロムハーツのコラボレーションのitemが存在するのはこの時の縁です。リチャード氏もギャルソンのitemを愛用しているとインタビューで公言していました。

+ show me yer +

Chrome Hearts Officialさん(@chromeheartsofficial)がシェアした投稿 -

1992年からユナイテッドアローズがクロムハーツの正規代理となり現在もクロムハーツの正規取扱店はクロムハーツのフラッグシップショップとユナイテッドアローズのみです。

chromehearts(クロムハーツ)が日本で巻き起こしたシルバーアクセサリーブーム

著名人の愛用もかなり目立ったクロムハーツ

+ floral cross +

Chrome Hearts Officialさん(@chromeheartsofficial)がシェアした投稿 -

90年代クロムハーツが巻き起こしたシルバーアクセサリーブームはご周知の通り。クロムハーツは爆発的ムーブメントを巻き起こします。それまで大人が身に付けることの出来るシルバーアクセサリーはインディアンジュエリーがメイン。ゴローズの存在はありましたが、ネイティブ系以外のシルバーアクセサリーではメンズアクセサリーというジャンルでは抜きに出ていたクロムハーツ。ファッション関係者やファッショニスタを中心に破竹の勢いを見せ付けます。そして驚くべきはその金額。シルバーのリングがゴールドのリングを凌ぐほどの金額。当時シルバーリングと言えば数千円から2万円程。クロムハーツのリングは5万円オーバーは当たり前。このショッキングな金額もクロムハーツを世間に知らしめるには最適でした。

++

Chrome Hearts Officialさん(@chromeheartsofficial)がシェアした投稿 -

そしてなんといっても著名人の着用も目立ちました。クロムハーツを代表するアクセサリーと言えばウォレットチェーン。藤原ヒロシ、藤井フミヤと言った90年代を代表するファッショニスタがクロムハーツのウォレットチェーンを愛用しだしました。木村拓哉もクロムハーツのウォレットチェーンにブレスレットを愛用。90年代styleとも言われるデニムにウォレットチェーンのスタイリングはクロムハーツが作ったスタイルとも言えます。ちなみに当時でもクロムハーツのウォレットチェーンは30万円以上。それにもかかわらず品薄状態でした。勿論今よりも生産ペースが遅かったことも原因ですが30万円以上のシルバーアクセサリーが品薄になるのは社会現象です。

chromehearts(クロムハーツ)はセレブレティー御用達ブランド

クロムハーツを身に付けていなければセレブにあらず

+ chomped jj dean +

Chrome Hearts Officialさん(@chromeheartsofficial)がシェアした投稿 -

フェンディー及びシャネルのデザイナーでありモード界の皇帝「カールラガーフェルド」カールラガーフェルドもクロムハーツの愛用者です。ラガーフェルドは「クロムハーツを身に付けていなければセレブレティーではない」とまで公言。ラガーフェルドのクロムハーツへの陶酔振りが窺えます。モードの皇帝までをも虜にしてしまうクロムハーツの魅力。そしてクロムハーツはデザイナーやアーティストに愛用者が多い事は昔から有名です。

@karllagerfeld in rome ++ g money iv shades

Chrome Hearts Officialさん(@chromeheartsofficial)がシェアした投稿 -

鬼才「ジャンポールゴルチェ」クロムハーツのウォレットチェーンを長年愛用しています。そして自身のショップでも取り扱いを始めたほどクロムハーツを溺愛しているコムデギャルソンの川久保玲。そして伝説のロックバンド「ローリングストーンズ」とのコラボでも有名です。クロムハーツとストーンズのitemはかなり高い人気を誇っています。

chromehearts(クロムハーツ)はシルバーアクセサリーだけではない

22Kゴールールドクロムハーツがセレブレティーを誘惑

+ holiday honey +

Chrome Hearts Officialさん(@chromeheartsofficial)がシェアした投稿 -

クロムハーツ=シルバーアクセサリーのイメージはが強いのは事実ですがクロムハーツはアクセサリーに関してもシルバーだけではありません。クロムハーツのアクセサリーは22Kゴールドも存在します。そして今現在では殆どのシルバーアイテムのゴールドバージョンが存在しています。クロムハーツの22Kをふんだんに使ったゴールドジュエリーは正にハイジュエリー。本来ゴールドは18Kがメインですがクロムハーツはイエローゴールドに関してはあえての22K。22Kの妖艶な輝きが世界中のセレブレティーを魅了し続けています。

+ true fucking love +

Chrome Hearts Officialさん(@chromeheartsofficial)がシェアした投稿 -

クロムハーツは22Kの他にも18Kホワイトゴールドやプラチナ製のジュエリーの取り扱いもあります。そして世界中のセレブレティーにはクロムハーツのゴールドジュエリーが大人気。もはやクロムハーツをシルバーブランドと呼ぶのは失礼なのかもしれません。

chromehearts(クロムハーツ)はトータルブランド

クロムハーツはアパレル全般から家具まで

+ pop up Hangzhou +

Chrome Hearts Officialさん(@chromeheartsofficial)がシェアした投稿 -

クロムハーツは1992年にアメリカ・ファッション・デザイナーズ協会にてアクセサリーの優秀賞を受賞しています。その為アクセサリーブランドのイメージの強いブランドですが、レザージャケットやレザーアイテムからナイロン素材やカシミアのニットなどのトータル的なアパレルitemの扱いもあります。特にセレブレティーにはレザージャケットの評価が非常に高く、愛用者が多い事でも有名です。

+ Chrome Hearts New York +

Chrome Hearts Officialさん(@chromeheartsofficial)がシェアした投稿 -

リチャードが大工だった事もあり、あまり知られていませんが、クロムハーツでは家具の販売も行っております。重厚なレザーソファーはセレブに人気との事です。

chromehearts(クロムハーツ)の進化は増すばかり

様々なブランドとのコラボレーションもあり目が離せない

+ cemetery cross buckle +

Chrome Hearts Officialさん(@chromeheartsofficial)がシェアした投稿 -

コムデギャルソンとのコラボレーションを始めリックオウエンスやオールデンとのコラボでも話題のクロムハーツ。ブランド創業から20年以上経つ今でも人気は加速するばかりです。セレブを虜にし続けるクロムハーツの魅力は普遍性と進化のように思います。

INTRODUCTION of THE WRITER

hansu719
name. hansu719
ショップバイヤー、スタイリストを経てフリーライター兼シンガーソングライターが生業です。ハイブランドからストリートstyleまでラグジュアリーな香りのするstyleが好みです。

RELATED

セレブご用達ブランドのクロムハーツ。高級シルバーブランドとして90年代に日本上陸。シルバーアクセサリーの価値を確実に格上げしたブランド。そしてファッショニスタからセレブレティーまでクロムハーツの愛用者は世界中の存在します。世界中のファッショニスタを虜にするクロムハーツの魅力とは?