HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

ジェンダーレスブランド! エンダースキーマが話題に

知る人ぞ知るおしゃれブランドと言えばエンダースキーマです。 革製品をデザインしているメーカーですが、革に特別にこだわっており素材を上手に使ったシンプルなデザインが特徴です。

エンダースキーマのコンセプトは

エンダースキーマ(Hender Scheme)は、靴、バッグ、名刺入れや革の小物などを展開している日本のブランドです。このエンダースキーマというブランド名はジェンダースキーマから取られているようで、ジェンダーのGの文字をアルファベットの一文字先のHに変えることによって、ジェンダーを超えるという意味があるそうです。デザインの分野においてジェンダーにとらわれることなく自由にデザインすることをコンセプトにしています。デザイナーは柏崎亮(Ryo Kashiwazaki)さんです。

エンダースキーマの特徴

コンセプトにあるようにジェンダーを超えることをテーマにデザインされていますが、単なるユニセックスで男女両方が使えるというイメージではなく、男女の特徴を大切にしながらファッションにおいては全員が自由にすべきだという考え方を感じます。男性モデル、女性モデルの展開があるのも頷けます。

取り扱い商品は

取り扱っている商品はレザー製品の財布などの小物製品から、バッグ、帽子、ジャケットなど様々な商品を展開しています。どの製品もちょうど良い、ぜひ使いたいと感じさせてくれるような製品です。レザー製品なので、どうしても使っているうちに傷やシミができてしまいます。しかし、少し使ったら飽きてしまう製品と違って、傷やシミも使い続けるうちに愛着が湧くようなそんな作りになっています。

注目のスニーカー

エンダースキーマのスニーカーは全てがレザーで作られています。職人さんが一点、一点こだわって作った製品です。オマージュラインというものがあり、有名なスニーカーを全てレザーで表現しています。興味深いのは同じ1つの革を使って作られているのではなく、レザーを使い分けて立体感を出しているところです。
レザーなので、雨の日が心配になりますが、雨でも大丈夫なように加工が施されているので心配なく履くことができるでしょう。
革靴は時間と共に馴染んできて自分だけの味が出てきますが、このスニーカーも同じようにエイジングを楽しむことができます。
普通のスニーカーであれば、履き潰すことが前提ですが、このスニーカーは革靴のようにしっかりつくられているのでソールを張り替えるなど修理することが可能です。長い時間をかけて自分の専用の靴を作り上げていく楽しみを味わえるのはこのスニーカーならではです。

注目されるエンダースキーマ

新しい商品も次々と出しているエンダースキーマはこれからも注目のブランドとなることでしょう。他の人があまり使っていないもの、個性的な商品を使いたいと思っている方はぜひエンダースキーマを検討してみてください。

INTRODUCTION of THE WRITER

Jun-.-nuj
name. Jun-.-nuj
旅行が大好きな30代です。プロトラベラーを目指して日々奮闘中です。

RELATED

知る人ぞ知るおしゃれブランドと言えばエンダースキーマです。 革製品をデザインしているメーカーですが、革に特別にこだわっており素材を上手に使ったシンプルなデザインが特徴です。