HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

オーガニックな日本酒が手に入る、こだわりの酒造5選

日本酒にもオーガニック製品があることをご存知でしょうか。今回は、国内酒造の中で、無農薬米を使用した、オーガニックな日本酒を製造している酒蔵を5つ、ご紹介します。

月の輪酒造(岩手)

もとは麹屋として営んでいた横沢家4代目当主が酒造りへの情熱に燃え、酒造業を創業した1886年が月の輪の酒蔵としての歴史の始まりです。

「企業としてではなく 家業として」を会社理念とし、常に伝統の継承と技術の革新を目標に掲げています。

日本酒造りには不向きと言われるもち米を100%使用した純米酒の製造や、原料の米を最大限に利用する焼酎の製造にも取り組むなど新しい事に挑戦し続けています。

月の輪酒造のオンラインショップにて、月の輪酒造が手掛ける、無農薬米を使用したお酒を購入することができます。

中村酒造(金沢)

金沢大地の有機米を使用した、有機純米酒を製造しているのは、金沢の老舗酒蔵「中村酒造」。

創業は文政年間という長い歴史を持った中村酒造は、金沢の文化・風習と食を大切に守りながら酒づくりを続けています。

白山を源とする名流手取川の伏流水を使用していて、この水を100年後に残すため、化学薬品を一切使用しない、散水濾床方式の廃水処理により地域に安心の排水を排出し、環境保全に取り組んでいます。

日本国内にはあまり出回っていませんが、インターネットで購入が可能です。

菊水酒造(新潟)

いつも自然体で生きていたい。
そんな方のために、こだわりました。
有機質に富んだ大地で、環境にやさしい生産方法で育てた米が原料です。
有機米100%使用「オーガニック清酒」。
美味しくて、人にも、地球にもやさしいお酒です。

酒造大手の菊水酒造は、有機米を100%使用した純米吟醸を、有機農産物加工酒類製造業者の認定工場にて製造しています。

やわらかな辛口で、すっきりと飲みやすいと評判です。

菊水のオーガニック清酒は、以下のホームページから購入することが出来ます。

 https://item.rakuten.co.jp/kikusui/1123015/

月の井酒造(茨城)

茨城は大洗にある「月の井酒造」。

創業は慶応元年、およそ150年の歴史のある酒蔵で、オーガニック日本酒「和の月」は、創業140周年記念に造られました。

「ていねいな酒造り」にこだわり、洗米から仕上げまで昔ながらの手づくりです。

酒蔵内の掃除は薬品を使わず、すべて熱湯消毒しています。壁や道具も手作業で、雑巾を使って行うそうです。

月の井酒造のホームページのリンクから、オーガニック日本酒「和の月」を購入できます。

辛口で、輪郭のある冴えたキレがあり、すっきりとした味わいだと人気があるようです。

丸本酒造(岡山)

創業は慶応三年の「丸本酒造」。

人の体になじみやすく、そして美味しく飲めるお酒を理想とし、飲む人の健康を願いって酒造りに励んでいます。

ここのこだわりは「米」。
米の味を生かした酒造りのため、山田錦を自家栽培し、「竹林」にはその自家栽培米を使用しています。

自家栽培にこだわる理由は、どの田んぼで栽培するかで、原料米の品質が決まってくるからだそうです。

竹林 軽やかオーガニックは、楽天市場などで購入することが出来ます。

しっとりした香りがあり、良く冷やしてワイングラスで頂くのがお勧めです。

これからは日本酒もオーガニックで!

日本酒は、ワインやビールと比べてアルコール度数が高いものの飲みやすいため、つい飲み過ぎてしまい、次の日に残りやすいと言われています。

そんな方はぜひ、オーガニックの日本酒を試してみて下さい。オーガニックのお酒は、次の日に残りにくい場合が多いのです。

夏は良く冷やして、ワイングラスに注ぎ、カルパッチョなどと食べるのも良いですね。

ぜひお試しあれ!

INTRODUCTION of THE WRITER

FOOD & HEALTH
name. FOOD & HEALTH
管理栄養士として保健指導業務をこなす傍ら、
日々健康とは何かと模索しています。

RELATED

日本酒にもオーガニック製品があることをご存知でしょうか。今回は、国内酒造の中で、無農薬米を使用した、オーガニックな日本酒を製造している酒蔵を5つ、ご紹介します。