HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

オリバー・スペンサー ( Oliver Spencer ) ロンドン生まれのクリーンでリュクスな日常着

都会的で、リュクスなリアルクローズガーメンツをリリースするロンドン生まれのブランドである、オリバー・スペンサー(Oliver Spencer)。英国のクラシカルなメンズウエアを根幹に持ちながら、モダンで上質なデイリーユースに最適なワードローブを展開するブランドです。富裕層からは、テーラードジャケットやスーツに定評のあるブランドでありながら、リラックスした雰囲気の上質なリアルクローズガーメンツもファッショニスタの間では話題です。クリーンでリュクスなガーメンツからは、アヴァンギャルドなデザインは殆どないにも関わらずモードな雰囲気が漂います。ロンドンと言う大都市で生きる男性の為のデイリーウエアを展開するランウェイブランドに迫ります。

オリバー・スペンサー(Oliver Spencer)とは?

2002年にスタートしたイギリスのブランド

Oliver Spencerさん(@oliverspencer)がシェアした投稿 -

100年以上の歴史を誇るブランドがトレンドを打ち出し続ける、ロンドンでは、2002年創立のブランドは新参者の扱いなのかもしれません。

創業100年以上の老舗ラグジュアリーブランドから見ればニューカマーブランドである、オリバー・スペンサー(Oliver Spencer)ですが、既に15年のキャリアを持つブランドです。

英国生まれのブランドらしく、テーラードジャケットやスーツが、富裕層から高い評価を得ているブランドですが、クラシカルな、ブリティッシュスタイルをメインとして打ち出しているブランドではありません。

MORGAN MENSWEARさん(@morganmenswear)がシェアした投稿 -

勿論、テーラードジャケットやスーツも、ランウェイには登場しますが、クリーンで都会的なリアルクローズガーメンツが、ファッションフリークの間で話題となり、ロンドンを中心にヨーロッパでムーブメントを起こしました。

ブリティッシュクラシカルに、スポーティーな要素を加えた、オリバー・スペンサーのワードローブは、スマートな印象を与えてくれます。

着心地にも拘りが感じられる、オリバー・スペンサーのワードローブは、上質な素材を使って、生産されています。

スマートで都会的なデザインと、リュクスな着心地で、ニューヨークのファッショニスタから、絶大な支持を得ているブランドとしても有名です。

シンプルなリアルクローズガーメンツに、モダンなエッセンとトレンドをミックスさせた、センスのよさが、流行に敏感な、ニューヨーカーのハートを鷲掴みにしました。

2006年に初のフラッグシップショップをニューヨークにオープン

MORGAN MENSWEARさん(@morganmenswear)がシェアした投稿 -

初のフラッグシップショップを、本国、英国を差し置いて、2006年にニューヨークにオープンさせている点でも、オリバー・スペンサーが、ニューヨークで絶大な人気を博している事は明らかです。

ブランドをローンチして僅か、4年足らずで異国の地でフラッグシップショップをオープンさせた、オリバー・スペンサー。

その人気は加速するばかりで、初のフラグシップショップをオープンさせた、2年後の2008年には、ロンドンにもフラッグシップショップをオープンさせています。

2014年にオリバー・スペンサーは日本上陸

Arasmalekさん(@arash_maleki744)がシェアした投稿 -

フラッグシップショップ以外にも、ヨーロッパやアメリカを中心に、150以上のセレクトショップで、ピックアップされており、日本にも2014年に本格的に上陸しました。

日本では、まだ取り扱い店舗も少ない為、ファッションフリークにしか、認知されていないブランドですが、モダンなデザインと着心地の良さから、熱狂的な、オリバー・スペンサーファンが日本にも急増しています。

日本では、セレクトショップでの扱いしかない為、フルラインナップが揃わないと嘆くファッショニスタが多い事でも有名なブランドです。

入荷数も少なく、直ぐに完売になるオリバー・スペンサーの日本でのフラッグシップショップオープンを願う声も年々、高まっています。

Oliver Spencerさん(@oliverspencer)がシェアした投稿 -

オリバー・スペンサーは、現在、ランウェイによるファッションショーを行う、ランウェイブランドでもあります。

最新のコレクションは、自国である、ロンドンコレクションのランウェイで発表されてました。

オリバー・スペンサーのファッションショーには、世界中から、多くのファッションジャーナリストや、ファッションフリークが集まり、ロンドンコレクションの注目ブランドの一つとして数えられています。

オリバー・スペンサー(Oliver Spencer)の2018春夏コレクションは?

クラシカルでスポーティーなヴァカンススタイル

Oliver Spencerさん(@oliverspencer)がシェアした投稿 -

クラシカルなヴァカンススタイルに、スポーティーな要素を取り入れた、2018年のオリバー・スペンサーのランウェイコレクション。

オリバー・スペンサーの得意とする、リュクスなスポーツスタイルや、リラックスした大人の為のカジュアルスタイルをベースとした、リアルクローズスタイルは、サマーバケーションを意識した、開放的な雰囲気が全てのガーメンツや、スタイリングから漂っていました。

Oliver Spencerさん(@oliverspencer)がシェアした投稿 -

イタリアブランドの、ヴァカンススタイルや、リゾートスタイルとは異なり、ビビットなカラーや、ハイビスカス等のフラワープリントのオープンカラーシャツや、ショートパンツは登場しない、シックなサマーバケーションスタイルは、この上ないほどリュクスです。

日常生活の延長線上に、ヴァカンスコーデを捉えた、オリバー・スペンサーのセンスの良さが伺えました。

Oliver Spencerさん(@oliverspencer)がシェアした投稿 -

リアルクローズガーメンツや、ベーシックなカジュアルウエアが中心の、コレクションですが、開放感とリラックスした雰囲気を作り上げる、オリバー・スペンサーのテクニックには、流石一言です。

アイテムはオーセンティックなメンズウエアが中心。黒革のタフなフライトジャケットや、ミリタリージャケット、マウンテンパーカーなどの、ワイルドなデイリーウエアも目立つコレクションでした。

オリバー・スペンサーのコレクションらしく、抑えたカラーリングのワードローブがエレガントで、ネイビーにカーキ、ブラウンに黒といったベーシックカラーに、サーモンピンクや鮮やかなブルーをアクセントとして使用していました。

ワントーンとグラデーションがこの上なくノーブル

ブルーベースのカラーや、ブラウンベースのカラーはワントーンコーデから、コレクション全体を通じてグラデーションを感じる粋なスタイリングも印象的でした。

ブルーのワントーンコーデに、ブラウンをポイントとして効かせる、スタイリングや、オールブラウンのスタイリングにシューズだけネイビーを合わせる、スタイリングは、今年の春夏のトレンドスタイリングとしても注目です。

2018年春夏にオリバー・スペンサーが打ち出したサーモンピンクに世界が注目

Oliver Spencerさん(@oliverspencer)がシェアした投稿 -

オリバー・スペンサーがトレンドカラーとして打ち出した事により、サーモンピンクのワードローブが、ヨーロッパを中心にブレークしています。

スモーキーなサーモンピンクのフライトジャケットや、コットン製のノーカラージャケットは、タフな印象も勿論あるのですが、圧倒的にノーブルです。

サーモンピンクのジージャンに、同系色のルーズなコットンパンツを合わせる、トレンドのセットアップは、カジュアルではあるのですが、かなりクリーンです。

バカンスに訪れた、ホテルのロビーで寛ぐにも最適な着こなしです。グラデーションやワントーンコーデの可能性と、ノーブルさを改めて、オリバー・スペンサーが示したコレクションでもあるように感じました。

渋いチェックとボーダーが大人のバカンススタイルをブラシュアップ

Oliver Spencerさん(@oliverspencer)がシェアした投稿 -

2018年のオリバー・スペンサーを代表するパターンはチェックとボーダーです。リゾートスタイルには欠かせないマリンボーダーもリリースされた今回のファッションショー。

ベーシックなアイテムですが、定番のネイビーやブルーのマリンボーダーのコットンニットはいつ見てもスタイリッシュです。

少し、ルーズなシルエットのボーダーニットは、流行りのオーバーシルエットではなく、あくまで、リラックスした雰囲気を醸し出す程度であり、大人の色気を感じさせてくれます。

Oliver Spencerさん(@oliverspencer)がシェアした投稿 -

ネイビーにブルーのボーダーや、ネイビーに白のボーダーニットは、バカンスでは、勿論、タウンユースにも、ノーブルさを与えてくれます。

スタイリングには困らない、頼れるアイテムのボーダーニットですが、コレクションでは、ダークネイビーのマドラスチェックのショートパンツに合わせたり、ラフなコットンスーツのインナーに合わせたりと、小粋なバカンススタイルを演出する、ワードローブとして効果的に使われていました。

ボーダーと共に、アイコニックパターンのチェック柄。春夏スタイルにチェックを打ち出すブランドは珍しくありませんが、オリバー・スペンサーは鮮やかなチェックではなく、ダークトーンの落ち着いたチェック柄を発表。

ネイビーベースのマドラスチェックは、クラシカルで、少し重さも感じます。しかし、この重さが、マドラスチェックを纏った、カジュアルなアイテムにエレガンスさを与えています。

Oliver Spencerさん(@oliverspencer)がシェアした投稿 -

ネイビーベースのマドラスチェックは、ドリズラージャケットや、シャツ、ショートパンツやスーツにまで、幅広いアイテムで仕様されていました。

ネイビーのマドラスチェックのセットアップは、春夏コレクションに登場するアイテムにしては、少し重めですが、間違いなくクリーンでエレガントでした。

春夏らしい、べージュベースの細かなチェックが魅せるノスタルジー

大柄なマドラスチェック以外にも、細かなギンガムチェックを連想させる、チェック柄のワードローブも今回はリリースされていました。

シャツや、ドリズラージャケット、そしてショートパンツにあしらわれたチェック柄は、実はドットを規則的に並べてできたオリジナルパターンです。

ギンガムチェックに見えるように配列された、ドットパターンは、クラシカルでもあり、ノスタルジックです。

このオリジナルパターンを使用した、シャツとショートパンツのセットアップは、リュクスな大人のリゾートスタイルを表現するのに最適でした。

MORGAN MENSWEARさん(@morganmenswear)がシェアした投稿 -

ベージュベースにブラウンのドットで作るチェック柄は、クリーンで春夏スタイルには最適です。60年代のクラシカルな英国スタイルの香りが何処となく、漂う今回のオリバー・スペンサーは、コレクション。

その大きな理由は、このオリジナルのチェックパターンにあるように感じます。ベージュにオレンジをミックスしたマドラスチェックのガーメンツからもノスタルジーは漂っています。

ノスタルジーと、モダンさの融合も、オリバー・スペンサーの十八番であり、大看板です。

凛としたブルーの圧倒的な美しさ

ダークネイビーのチェックパターンや、ボーダーニットやリジッドデニムに至るまで、ブルーの使い方も印象的だった、今季の、オリバー・スペンサー。ダークネイビーや、濃い目のインディゴブルーは、精悍で凛とした美しさをガーメンツに宿しています。

ラフなスーツやミリタリージャケット、そしてカバーオールなどの、カジュアルで、ユニフォームライクなワードローブは、ブルーベースで仕立てる事により、フレッシュさとノーブルさをよりはっきりと示していました。

ブルーベースのガーメンツを使用したスタイリングも秀逸で、ワントーンコーデや、グラデーションは勿論、鮮やかなブルーの、フライトジャケットや、カバーオールにカーキに近いブラウンのアイテムを合わせるコーデは、ヨーロッパブランドのセンスによって完成する、色合わせのように感じます。

U N I O N M A D Eさん(@unionmadegoods)がシェアした投稿 -

比較的シンプルな、メンズワードローブで構成された、今季の、オリバー・スペンサーのコレクションを、ただのミニマムスタイルで終わらせていない、大きな要因に、様々な色みのブルーを効果的に使用したことにあるように感じます。

ランウェイ上でのスタイリングですが、そのまま、タウンユースにも対応できるスタイリングや色使いも今回は多かったように感じます。

十八番のリュクスなスポーツスタイルも健在

Oliver Spencerさん(@oliverspencer)がシェアした投稿 -

マウンテンパーカーや、ドリズラージャケットにショートパンツを合わせる、スポーツスタイルは今回も健在です。マリンボーダーニットや、ライトベージュのマウンテンパーカーに、ショートパンツをセットした着こなしは、マリンテイストも漂いかなりリュクスです。

ベーシックなカーディガンや、ドリズラージャケットにラインの入ったアイテムも登場した、今季のオリバー・スペンサーのコレクション。

ラインが入るだけで、ベーシックなガーメンツに、かなりスポーティーな印象がプラスされます。クラシカルなライン入りのワードローブは、エレガント且つモダンです。

ロンドンブランドとしての思いを込めたプリントTシャツ

Oliver Spencerさん(@oliverspencer)がシェアした投稿 -

ロンドンをこよなく愛するブランドとしても知られている、オリバー・スペンサーの愛情表現にも近い、フィナーレは、”LOVE TOWN"とプリントされたTシャツを着た、モデルが、ランウェイに集まりました。

ロンドンブランドとしての、プライドにも感じる、プリントTシャツは、今季、オリバー・スペンサーのアイコニックアイテムとなることは確実です。

デリーユースなアイテムと、スタイリングで、ハイエンドな、リアルクローズに徹した、2018年春夏の、オリバー・スペンサー。

ベーシックなアイテムに、上質なセンスをプラスしたアイテムの数々は、今すぐにでも身に着けたいアイテムが目白押しでした。

オリバー・スペンサー(Oliver Spencer)のデザイナーは?

イギリス人デザイナーのオリバー・スペンサー

Oliver Spencerさん(@oliverspencer)がシェアした投稿 -

オリバー・スペンサー(Oliver Spencer)はイギリス人である、オリバー・スペンサーがローンチした自身の名前を冠したブランドです。

オリバー・スペンサーは、モダンアートやコンテンポラリーアートを好み、建築やアートから、ワードローブのインスピレーションを受けると、様々なインタビューで話しています。

ロンドンのサブカルチャーにも造詣が深い、オリバーは、クラシカルなブリティッシュスタイルに、スポーツテイストや、ミリタリーテイストをエッセンスとしてプラスする、服作りを得意としています。

1990年にフォーマルウエアブランドをローンチ

Oliver Spencerさん(@oliverspencer)がシェアした投稿 -

ロンドンのアートスクールに在籍していた、オリバー・スペンサーは在学中に古着の販売を始めます。ここから、オリバーのファッションのキャリアがスタートします。

アンティークマーケットが世界的にも有名な、ポートベローで古着を販売していた、オリバーは、1990年にフォーマルウエアのブランドを友人と立ち上げます。

Oliver Spencerさん(@oliverspencer)がシェアした投稿 -

当時、オリバー・スペンサーはアパレルでの経験は、古着のバイヤーと販売のみで、服作りの経験はありません。独学でテーラードを学んだ、オリバーの作るガーメンツは、ファッショニスタの間で高い評価を得ます。

現在でも、オリバー・スペンサーのテーラードジャケットやスーツは、富裕層を中心に高い評価を得ています。

フォーマルウエアブランドを立ち上げる時に、身に着けたテクニックが、オリバー・スペンサーでも生かされている事は確実です。

Oliver Spencerさん(@oliverspencer)がシェアした投稿 -

10年弱、フォーマルウエアブランドのデザイナーとして活躍した、オリバー・スペンサーは自身が身に着けたいと思う、リアルクローズガーメンツが、メインのブランドを2002年に立ち上げます。

そのブランドが、オリバー・スペンサーです。オリバー・スペンサーは、ワードローブ他にも、サングラスなどのアクセサリーや、雑貨まで揃うトータルラグジュアリーブランドです。

イギリスメイドに拘るリアルクローズブランド

Oliver Spencerさん(@oliverspencer)がシェアした投稿 -

オリバー・スペンサーは、素材や生産国にも拘るブランドとして、知られています。ワードローブに使用されるファブリックは、イギリスを中心としたヨーロッパで生産されるものが、殆どです。

縫製に関してもイギリスの工場で40パーセントを生産し、残りの60パーセントはイタリアを中心とした、ヨーロッパで背産されています。

世界で最もコストが高いといわれるイギリスや、ヨーロッパ生産に拘る理由は、オリバー自身が、イギリスを心から愛している事と、ヨーロッパでしか、オリバー・スペンサーのモダンなリアルクローズガーメンツが生産できないと信じているからです。

セレブレティ御用達のイギリスブランド

Oliver Spencerさん(@oliverspencer)がシェアした投稿 -

オリバーのこの熱いイギリス愛と、服作りに関する情熱によって生まれるワードローブは、世界中のファッションフリークを虜にしています。

イギリス俳優界きっての伊達男としても有名な、ジュード・ロウも、オリバー・スペンサーのガーメンツの愛用者です。

オリバー・スペンサー(Oliver Spencer)ロンドン愛に満ちた、リュクスな日常着

ロンドンの街に映えるモダンなワードローブ

Oliver Spencerさん(@oliverspencer)がシェアした投稿 -

デザイナーのオリバー自身も、多くのセレブレティの、ファッションアイコンとしても知られています。

最新コレクションからも伝わる通り、オリバー・スペンサーのワードローブは、オリバーの愛する大都会、ロンドンの街に溶け込むワードローブが中心です。

様々な人種が行きかう国際的な都市でありながら、クラシカルで、ゆったりとした独特の空気感が漂うロンドン。この唯一無二の空気感を、ロンドンフリークは、好むと言います。

販売のプロとしてのプライドを持つデザイナー

Oliver Spencerさん(@oliverspencer)がシェアした投稿 -

クラシカルで上質な日常着に、モダンなエッセンスとモードな要素も加わった、オリバー・スペンサーのワードローブは、モダンとクラシカルが混在するロンドンによく似合います。

ファッションデザイナーとして25年以上のキャリアを持つ、オリバーですが、デザイナ以上に販売のプロとしてのプライドがあると彼は言います。

Oliver Spencerさん(@oliverspencer)がシェアした投稿 -

自己満足のアート作品作りに没頭する、ファッションデザイナーが少なくない、現在に、普遍的なワードローブを作り続ける、オリバー・スペンサー。

彼は、ファッショニスタが欲しい物を作り、販売する事ができる、数少ない、デザイナーの一人なのです。

オリバーが手掛ける、リュクスな日常着は、流行では終わらない、世界中の男性が必要な、ワードローブのように感じます。

INTRODUCTION of THE WRITER

hansu719
name. hansu719
ショップバイヤー、スタイリストを経てフリーライター兼シンガーソングライターが生業です。ハイブランドからストリートstyleまでラグジュアリーな香りのするstyleが好みです。

RELATED

都会的で、リュクスなリアルクローズガーメンツをリリースするロンドン生まれのブランドである、オリバー・スペンサー(Oliver Spencer)。英国のクラシカルなメンズウエアを根幹に持ちながら、モダンで上質なデイリーユースに最適なワードローブを展開するブランドです。富裕層からは、テーラードジャケットやスーツに定評のあるブランドでありながら、リラックスした雰囲気の上質なリアルクローズガーメンツもファッショニスタの間では話題です。クリーンでリュクスなガーメンツからは、アヴァンギャルドなデザインは殆どないにも関わらずモードな雰囲気が漂います。ロンドンと言う大都市で生きる男性の為のデイリーウエアを展開するランウェイブランドに迫ります。