HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

インテリアにもなるおしゃれな一刀彫の兜

もうすっかり暖かくなり、新緑の季節となりました。ゴールデンウィークにはこどもの日があり、鯉のぼりとともに兜を飾られたおうちも多いのではないでしょうか。今は伝統的な兜はもちろんインテリアにもなりそうな素敵な兜があります。 今回は伝統を大切にしつつ、時代に合わせたデザインで新たな魅力を伝える奈良の伝統工芸である一刀彫で作られた兜についてご紹介します。

奈良の伝統工芸・一刀彫

平安時代後期から奈良県に伝わる800年の歴史をもつ伝統工芸の一刀彫。桧、桂、楠などを素材として、ノミで豪快に彫り上げた上に、岩絵具や金箔などで極彩色を施しているデザインが特長です。子どもの玩具として発祥し、その後春日大社の奉納品として大胆な面と繊細な彩色が特長とされてきました。小手先の装飾で誤魔化さずに嘘のない真実の姿を伝えるためだとも言い伝えられています。

江戸時代には名工と呼ばれた「森川杜園」によって繊細さを兼ね備え、芸術の域にまで達し、権力の象徴、時代の憧れとして奈良の地に根付いてきたとされています。

一刀彫の作家の方は奈良県内に数人いらっしゃり、能楽や舞楽、鹿、十二支、兜、ひな人形などを題材に魅力ある作品が作られています。一刀彫として広く知られていますが、奈良人形とも言われています。

NARADOLL HIGASHIDA

作家の 東田 茂一さんが代表を務める「NARADOLL HIGASHIDA」は奈良で800年の歴史をもつ伝統工芸である一刀彫の新ブランドです。真実が伝える大胆さと見る方に楽しんでもらう繊細さが融合した奈良の一刀彫本来の姿を現代の生活にうまく調和させるデザインでより多くの人に楽しんでいただくことを目指したものづくりをされています。

こちらで作られている作品は兜とひな人形という節句人形。それぞれサイズやデザインが違うものがシリーズで紹介されています。一貫して一人の職人の手によってひとつひとつ真心込めて作られた節句人形は素朴で愛らしく、表情も豊かです。サイズはいくつかありますが、大きすぎず年間を通して場所を問わず飾れる節句人形の提案をされており、それも人気のひとつの理由だと思います。

また「NARADOLL HIGASHIDA」のロゴには、彫られてできた大胆な面構成と、陰影によって繊細に変化する色合いを表現したデザインは、一刀彫の最大の魅力《大胆かつ繊細》相反する物の共存する特徴とNARADOLLHIGASHIDAの新しい切り口で一刀彫の可能性を広げて行きたいという想いが込められているそうです。

そんな素敵な想いが込められた節句人形をご紹介していきます。

かぶと

男の子の節句人形のシリーズは「かぶと」「兜」の二種類です。

男の子の成長を願って贈る「かぶと」シリーズは独自の色彩感覚で個性豊かに彩られています。色は3色あり、それぞれ意味があります。「白群」は澄んだ青空の様に、大きく広がるおおらかさを込めて、「若葉」は春の芽生えの様に、のびのびと育つ元気良さを込めて、「群青」は目が覚める様な発色で、優しさの中にもたくましくさを込めて創作されています。

今までにない華やかな色彩はお部屋を彩るインテリアとしても使えるのともに、小ぶりの可愛らしいサイズでどこにでも飾りやすいところも魅力の作品です。

日本古来より続く「端午の節句」は今も変わらず、親子の絆を感じる大切な日であり、そんな日に贈るのにぴったりの最高の一品である「兜」シリーズ。サイズは「中兜」「大兜」の二種類です。

ひとつひとつ丁寧に金箔が施され、誰もが魅了されるな繊細な装飾で勇ましさ、逞しさを兼ね備えています。桐箱も付いており、特別感と高級感を感じます。飾る事により空間全体に凛とした緊張感が広がる作品です。サイズは「かぶと」シリーズより大きいですが、桐箱に兜を収納できるようになっており、コンパクトかつスマートも合わせもった一品となっています。

NARADOLL HIGASHIDA
【TEL/FAX】 0743-21-2470

【住所】〒632-0055 天理市遠田町600-1

※オンラインでも商品を購入することができます

奈良の伝統工芸が現代風にデザインされた「NARADOLL HIGASHIDA」の節句人形。金箔や繊細な装飾が施され、ため息がでるほど美しくずっと眺めたくなります。場所を選ばすにおけるコンパクトながらもおしゃれなデザインも素敵ですよね。今年の端午の節句は終わってしまいましたが、初節句のお祝いとしてもとても喜ばれると思うので、想いがつまった兜をプレゼントしてみるのもいいのではないでしょうか。

INTRODUCTION of THE WRITER

mamecoco
name. mamecoco
海が見える街に住む1児のこどもをもつ主婦です。
旅行、お菓子作り、うつわ巡りが趣味です。
こちらで興味をもっていただけるような情報を記事にできたらと思っています。
よろしくお願いします(^-^)

RELATED

もうすっかり暖かくなり、新緑の季節となりました。ゴールデンウィークにはこどもの日があり、鯉のぼりとともに兜を飾られたおうちも多いのではないでしょうか。今は伝統的な兜はもちろんインテリアにもなりそうな素敵な兜があります。 今回は伝統を大切にしつつ、時代に合わせたデザインで新たな魅力を伝える奈良の伝統工芸である一刀彫で作られた兜についてご紹介します。