HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

イタリアのカロッツェリア、ザガートの魅力

イタリアのカロッツェリアであるザガートについて紹介していきます。かつて、自動車は設計とデザインが別々の会社によって行われていました。しかし、時代とともに一つの自動車メーカーが設計とデザイン両方を行うことになり、多くのカロッツェリアの存在感は低下していきました。しかし、現在もいくつかのカロッツェリアは残っており、既存の車をより美しく、エキゾチックに仕上げています。カロッツェリアのうち、イタリアの名門カロッツェリアであるザガートについて取り上げていきます。

カロッツェリアとは

Today was a really special day, spotting an Aston Martin V12 Zagato (1 of 150) #astonmartin #zagato #cars

Bruno Britesさん(@brunobrites)がシェアした投稿 -

ザガートの魅力を語る前に、まずはカロッツェリアについてご紹介しておきましょう。

カロッツェリアとは、イタリア語で乗用車のボディをデザインしたり製造したりする業者を表しています。英語ではCoach Builderと言われており、日本においてもコーチビルダーという名前の方が親しみがあるかもしれません。

カロッツェリアはもともと馬車の車体を作っていました。その後、移動手段が馬車から、自動車に変わると、カロッツェリアも自動車のボディを製造し始めました。自動車が登場し始めた頃は、自動車メーカーがエンジンやシャーシなどを作り、カロッツェリアがボディをデザインするという分業が行われていました。

富裕層しか持つことを許されていなかった自動車は、一台一台デザインが異なっており、カロッツェリアの腕前によって車の見た目が左右されていました。まさに自分だけの一台を作っていたのです。

しかし、自動車メーカーがボディも含めて一括量産体制に入ると、カロッツェリアの出番は少なくなり、数も減ってしまいました。そのような状況の中でも、カロッツェリアはそのデザインセンスや美意識を買われ、多くのメーカーと提携し、既存の車のボディをより美しく、エキゾチックに仕上げています。

イタリアのカロッツェリア、ザガートとは

ザガート(Zagato)は、イタリアのミラノに拠点を置くカロッツェリアです。

ザガートは自動車を始めとする様々な工業デザインを行なっています。数多くの自動車メーカーとタッグを組み、いままでに数々の名車を作り上げてきました。その中でもイタリアの自動車メーカーであるアルファロメオや、イギリスの自動車メーカーであるアストンマーチンとの関係が深い印象があります。アルファロメオとは、1930年頃からすでに関係があり、Alfa Romeo 6CやAlfa Romeo 8Cなどのモデルを製造していました。アストンマーチンとは、DB4や近年では、Vanquishのザガートモデルが登場し話題を呼びました。

ザガートの歴史

ザガートの歴史は古く、創業は1919年に遡ります。ウーゴ・ザガートによって創業し、当初は航空機のエアロダイナミクスを考えた製造技術を自動車に応用することを得意としていました。1920年台に入ると、ザガートはレーシングカーの製造に注力し始めます。フェラーリや、ブガッティ、マセラティやロールス・ロイスもザガートのクライアントでした。その後は、10年毎にコンセプトを変えつつ、人々をうっとりさせるような美しいボディを生み出し続けました。近年でも、数多くの高級自動車メーカーとタッグを組んで、限定モデルを数多く世に送り出し続けています。

ザガートの生み出してきた名車

アストンマーチン・ヴァンキッシュ・ザガート・ヴォランテ

#astonmartinzagatovolante #aston #astonmartin #drivemeonline #zagatovolante #newastonmartin #vanquish #vanquishzagatovolante

Sudeep Koshyさん(@drivemeonline)がシェアした投稿 -

アストンマーチン・ヴァンキッシュ・ザガート・ヴォランテは、2016年に発表されたザガートの新作です。アストンマーチン・ヴァンキッシュ・ヴォランテにザガートがスパイスを加え、もともとのモデル以上に美しく、エレガンスとエキゾチックさが組み合わさっているデザインになっています。このアストンマーチン・ヴァンキッシュ・ザガート・ヴォランテは、ザガートのコンバーチブルをベースとしていますが、ヴァンキッシュのクーペをベースにしたアストンマーチン・ヴァンキッシュ・ザガートも同じ時期に登場しています。クーペと同様に、ヴォランテには最高出力600psを発生する6.0リッターの自然吸気V型12気筒エンジンが搭載されており、グランドツアラーとしても十分過ぎるスペックとなってます。クーペ、ヴォランテともに限定99台しか販売されていません。

フェラーリ・テスタロッサ FZ93

フェラーリ・テスタロッサ FZ93は、ザガートによって1993年に生み出されたモデルです。フェラーリ・テスタロッサをベースに作られており、ベース車にかなりのスパイスが加えられています。ほんの極わずかしか作られていないと言われています。フェラーリ・テスタロッサ FZ93は、特徴的なノーズをしており、これがのちのちのフェラーリのデザインにも影響を与えたと言われています。

アルファロメオ・ジュリア・TZ

アルファロメオ・ジュリア・TZは、アルファロメオによって1963から1967の間に生産されたスポーツカーです。1.6Lの直列4気筒エンジンから160馬力を生み出します。車体はアルファロメオが担当し、ボディはザガートによって手がけられてこの車は、次のモデルであるTZ2にも大きな影響を与えています。

アルファロメオ・ジュリア・TZ2

1965年に生産されたアルファロメオ・ジュリア・TZ2は、アルファロメオ・ジュリア・TZ2の後継車にあたり、今でもかなりの人気を誇る名車です。アルファロメオ・ジュリア・TZが100台以上生産されたのに対し、アルファロメオ・ジュリア・TZ2はわずか12台しか生産されませんでした。TZより高性能化が進められ、パワーは10馬力、最高速度は245kpmまで引き上げられました。ザガートによって仕上げられた非常に美しいボディは見ているだけで引き込まれそうな魅力を持っています。

ザガートを保有する

イタリアの歴史あるカロッツェリア、ザガートについて紹介してきました。ザガートを始めとするカロッツェリアは、一般的なラグジュアリーカーメーカーと異なり、独特の魅力を持っています。また、ザガートによって生み出される車は、製造台数に限界があり、非常に希少性が高くなっている場合がほとんどです。もし奇抜で、唯一無二の車が欲しいと考えているのであれば、ザガートはその選択肢になってくるでしょう。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

イタリアのカロッツェリアであるザガートについて紹介していきます。かつて、自動車は設計とデザインが別々の会社によって行われていました。しかし、時代とともに一つの自動車メーカーが設計とデザイン両方を行うことになり、多くのカロッツェリアの存在感は低下していきました。しかし、現在もいくつかのカロッツェリアは残っており、既存の車をより美しく、エキゾチックに仕上げています。カロッツェリアのうち、イタリアの名門カロッツェリアであるザガートについて取り上げていきます。