HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

イギリス生まれのキットスーパーカー”アルティマスポーツ”

イギリスで誕生したキットカーメーカーであるアルティマスポーツをご存じの方は少ないかもしれません。アルティマスポーツは非常にマイナーな自動車メーカーで、一部の通しか知らない自動車メーカーといえるでしょう。そんなアルティマスポーツについて紹介していきます。

アルティマスポーツ

@sdukphotographyがシェアした投稿 -

アルティマスポーツとは?

アルティマスポーツは、イギリスに拠点を置くスポーツカーメーカーです。1992年にTed MarlowとRichard Marlowによって設立されたアルティマスポーツは、もともとはキットカーの販売メーカーで、購入者には、マシンを組み立てるための部品が届く仕組みとなっています。現在はアメリカでの販売がメインとなっており、日本で入手するには、輸入してくれる輸入車販売業者を探す必要がありそうです。アルティマスポーツのマシンは、ル・マン24時間レースを走るマシンにインスパイアされており、実際のマシンの見た目もフォーミュラーカーにカウルを被せたようなものとなっています。現在は、アルティマエヴォリューションクーペとアルティマエヴォリューションコンバーチブルの2モデルを販売しています。

アルティマスポーツのラインナップ

アルティマエヴォリューションクーペ

アルティマスポーツの現行モデルは、エヴォリューションクーペと、エヴォリューションコンバーチブルの2モデルとなっています。エヴォリューションクーペにはいくつかのエンジンが用意されており、350馬力から最大1020馬力までのシボレー製V8を搭載させることができます。1020馬力の6800cc スーパーチャージドV8を搭載すれば、60マイルまでわずか2.3秒で到達し、リミッターをつけた状態で約386kphまで飛ばすことができます。これはスポーツカーを超えてレースカーの領域であるといえます。このパフォーマンスにはわずか950kgの車両重量も大きく貢献しています。ルマンカーにインスパイアされているだけあって、ダウンフォースやエアロダイナミクスにおいては、パフォーマンスを発揮するために調整されています。

アルティマエヴォリューションコンバーチブル

アルティマエヴォリューションコンバーチブルは、アルティマエヴォリューションクーペのコンバーチブルタイプです。アルティマエヴォリューションクーペの見た目とは大きな違いはなく、トップを取り去った見た目となっています。クーペと同様のエンジンレンジがあり、最もパワフルなエンジンは、1020馬力の6800cc スーパーチャージドV8。パフォーマンスに違いはありません。しかし、車両重量がクーペに比べ30kg軽量化されています。

これぞ公道可レースカー

非常に高いパフォーマンスを誇るキットカーであるアルティマスポーツについて紹介してきました。アルティマスポーツは、「本当に公道で走らせてもいいのか」という疑問が浮かんでしまうほどハイパフォーマンスなマシンとなっています。また、知名度の低さも相まって街での存在感も抜群でしょう。そんなアルティマスポーツは注目のメーカーです。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

イギリスで誕生したキットカーメーカーであるアルティマスポーツをご存じの方は少ないかもしれません。アルティマスポーツは非常にマイナーな自動車メーカーで、一部の通しか知らない自動車メーカーといえるでしょう。そんなアルティマスポーツについて紹介していきます。