HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

富裕層に人気! カンボジアの穴場ビーチリゾート〝シアヌークビル〟が話題に

カンボジアと言えば、まず思い浮かぶのはアンコールワット。次に思い浮かぶのもアンコールワット。その次に思い浮かぶのも…ちょっと待ってください! カンボジアには極上のビーチリゾートがあるのをご存知ですか?その名も、シアヌークビル。日本人やアジア人が少なく、ヨーロッパ人が思い思いにバカンスを過ごすさまは、まるでアジアの中のヨーロッパです。

ヨーロピアンだらけの隠れ家ビーチリゾート

シアヌークビルがあるのはカンボジア南西部。アンコールワットがあるシェムリアップや首都プノンペンがアジア人を中心とした観光客で賑わうのに対し、シアヌークビル周辺はヨーロッパ人が大多数。ラグジュアリーなリゾートホテルからバックパッカー向けの安宿まで、宿泊施設も充実しています。

ここを訪れる人はゆったりと数週間以上バカンスを過ごすのが一般的で、ビーチでのんびり読書をする人や様々なマリンスポーツを楽しむ人など、思い思いに南国の時間を過ごしています。

ビーチ沿いには開放感バツグンのカフェやバーがたくさん!

ヨーロピアンの間では以前から名の知れた存在だったシアヌークビル。そのためビーチ周辺はアジアとは思えないような雰囲気の良いカフェやバー、クラブがたくさん!朝早くから深夜までどこかしらのお店は営業しているので、1日中ビーチで過ごせます。

人もまばらな静かな朝、家族やカップルで賑わう昼、海がエメラルドグリーンからオレンジへと染まる夕暮れ、ロマンチックなムードに包まれる夜…そこには飽きることのない魅力があるのです。

離島に渡ればさらに美しいビーチが!

A post shared by FOOD&FLEUR 🥑 (@foodenfleur) on

シアヌークビルのビーチも美しいのですが、そこからフェリーや高速船で離島に渡るとさらにワンランク上のビーチが待っています。その代表と言えるのが、ロン島とロンサレム島。前者は夜遅くまで楽しめるバーやレストランもあるのでややにぎやかな雰囲気、後者は自然がほぼ手付かずの状態で残るのんびりとした雰囲気が特徴。

ビーチの美しさはどちらも引けを取らないので、気分や目的に合わせて選ぶのもいいですね。2つの島は近いので、両方行って違いを楽しむのもオススメです。

リゾート化が急速に進む新旧入り混じった街

以前はヨーロピアンのための密かな楽園と言う感じだったシアヌークビルですが、近年は徐々にその名を世界的なものにしつつあります。リゾートホテルや新たな娯楽施設の建設も急速に進み、現在進行形で成長している街ということが実感できるでしょう。

タイのプーケットやインドネシアのバリのようなアジアを代表するビーチリゾートになるのも、時間の問題かもしれませんね。

INTRODUCTION of THE WRITER

Cacao10000%
name. Cacao10000%
オランダ在住のフリーランサー。自由な国で、自由に生きてます。

RELATED

カンボジアと言えば、まず思い浮かぶのはアンコールワット。次に思い浮かぶのもアンコールワット。その次に思い浮かぶのも…ちょっと待ってください! カンボジアには極上のビーチリゾートがあるのをご存知ですか?その名も、シアヌークビル。日本人やアジア人が少なく、ヨーロッパ人が思い思いにバカンスを過ごすさまは、まるでアジアの中のヨーロッパです。