HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

より磨きのかかった4ドアクーペ:新型Mercedes-Benz CLS Coupe

名門自動車メーカーの4ドアクーペである”Mercedes-Benz CLS Coupe”が新しく、より磨きのかかったマシンとしてリニュアルします。4ドアサルーンながらもクーペのようなルーフラインが美しい新型”Mercedes-Benz CLS Coupe”について紹介していきます・

Mercedes-Benz CLS Coupe

Mercedes-Benz CLS Coupeとは?

”Mercedes-Benz CLS Coupe(メルセデス・ベンツ・CLS・クーペ)”は、ドイツの名門自動車メーカーである”Mercedes-Benz”が販売している4ドアクーペです。この”Mercedes-Benz CLS Coupe”は、4ドアサルーンの重厚感やエレガンスを備えつつも、クーペラインのルーフを持つことで、クーペのスポーティーさと軽快さを持つマシンとなっています。モデルチェンジによって新しいフォルムを手に入れたこのマシンは、より魅力的な一台へと進化しています。

サルーンながらクーペのような美しいボディライン

”Mercedes-Benz CLS Coupe”の魅力としてまず挙げられるのは、その美しくエレガントなクーペラインを持つボディです。モデルチェンジによってデザインを一新した”Mercedes-Benz CLS Coupe”のボディは、よりシャープでスタイリッシュな印象に仕上がっています。圧倒的な存在感を見る人に与えるフロントマスクは、ダイナミックなデザインとなり新型A-Classとの共通化もなされています。リアデザインは先代モデルよりもスポーティーかつラグジュアリーな印象になっており、加えてCLSならではのクーペラインがその魅力を引き立てています。

胸のすく走りを高い次元で実現

Overtakeさん(@overtake502)がシェアした投稿 -

”Mercedes-Benz CLS Coupe”のにはガソリンエンジン搭載モデルと、ディーゼルエンジン搭載モデルの2タイプが用意されています。ディーゼルエンジン搭載モデルには、軽量かつコンパクトサイズになった最高出力194PS、最大トルク400N・mを発生させる2.0リッター直列4気筒BlueTECエンジンが搭載されています。このエンジンを選択すればディーゼルならではの力強い加速感を感じることができます。ガソリンエンジン搭載モデルには、エンジンとトランスミッションの間に搭載されるディスク型のモーター・ジェネレーターである”ISG”という機構が採用されたパワーユニットが採用されています。高回転までスムーズに吹き上がる新開発の直列6気筒エンジンとの組み合わせで、366ps/500Nmのパワーであっと驚く走りと環境性能を高次元で両立しています。ガソリンエンジン搭載モデルである”CLS 450”においては、メルセデスの先進の4輪駆動システムである”4-MATIC”も標準装備となっています。

クーペのような4ドアラグジュアリーサルーン:Mercedes-Benz CLS Coupe

ドイツの自動車メーカー”Mercedes-Benz”から販売されている4ドアクーペである”Mercedes-Benz CLS Coupe”について紹介してきました。”Mercedes-Benz CLS Coupe”はクーペのような美しくダイナミックなボディを持っていながらも、サルーンのような存在感と実用性を持つマシンとなっています。モデルチェンジによってより魅力的なマシンに仕上がった”Mercedes-Benz CLS Coupe”は、799万円からの販売となります。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

名門自動車メーカーの4ドアクーペである”Mercedes-Benz CLS Coupe”が新しく、より磨きのかかったマシンとしてリニュアルします。4ドアサルーンながらもクーペのようなルーフラインが美しい新型”Mercedes-Benz CLS Coupe”について紹介していきます・