HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

やっぱりかっこいい!!超高級イタリアンスーパースポーツバイク3選

不自由な日常から自由な世界へ自分を解放してくれる、そんなオートバイの魅力に取り憑かれている方も多いことでしょう。運転する楽しみや外の空気をしっかり感じながら走る快感は車では味わえないものです。 魅力的なオートバイはたくさんあるのですが、今回はその中でもイタリアンスーパースポーツバイクをピックアップしてご紹介します。

イタリアンスーパースポーツバイクの魅力

日本のオートバイメーカーは世界的にも有名で、スズキ、ヤマハ、ホンダ、カワサキは世界のトップメーカーでしょう。しかし、日本のオートバイメーカーとはまた違った魅力をたくさん持っているのがイタリアンオートバイメーカーです。
それは車でも同じで、日本の車メーカーは間違いなく良い車を世界に送り出していますが、フェラーリやランボルギーニに並ぶ車がなかなかないのと似ています。

イタリア人はなんでも陽気に、しかし、徹底的に楽しむ人たちです。そのような精神がものづくりの世界にも宿っているのでそこから生み出される製品には特別の力があるのでしょう。

イタリアンオートバイの魅力は「美しくて、乗って楽しく、情熱を注げる」そんなエネルギーを感じるところです。ただ単にカタログに載せられるスペック、それだけではないイタリアンエンジニアの情熱が乗り手に伝わってくるのをあなたも感じることができるはずです。

イタリアンスーパースポーツバイクの特徴

自動車であればイタリア車のデザインが優れていることは多くの人が認めているところでしょう。それはオートバイでも同じです。たまにデザインが尖りすぎていて理解できないことも多いですが、やはり完成されたモデルは美しくハイスペックなスーパーマシンです。製品の均一さや、細かな部分の部品の精度で言えば、国産オートバイの方が優れているかもしれません。

しかし、大量生産で作ることを前提にデザインし、設計されている国産メーカーとは違い、真似できないような機構が採用されていたりします。そのようなエンジニアのこだわりが、唯一無二の存在を作り上げるのでしょう。高性能な国産スーパーバイクを見ると数値上のイタリアンスーパースポーツバイクのパフォーマンスはさほど魅力を感じないかもしれません。

しかし、オートバイは高性能=速いではありません。いかに楽しく乗ることができるかという部分も大きな要素なのです。イタリアンオートバイの歴史は古いものが多く、有名なロードレースでも受賞実績がたくさんあります。その歴史を比較すると国産メーカーは追いつくことができないでしょう。

MV AGUSTA(MVアグスタ)

MV AGUSTA(MVアグスタ)は1907年に「アグスタ」という名前の航空機会社として設立されました。第一次世界大戦、第二次世界大戦の軍需産業により業績を伸ばしましたが戦争が終わると航空機の需要が減り事業をオートバイ製造にシフトしました。それが1945年で「MVアグスタ」として稼働しはじめます。1946年からロードレースに参加し、その後レース界で華々しい戦績を残します。レースではすばらしい成果をあげたにもかかわらず、会社の経営は良い状態とはいえずオートバイ事業は停止しました。しかし、1992年に復活し、フェラーリの血を引くエンジンを搭載し開発を続けながら現在に至っています。2016年には倒産し依然として経営難でしたが、FIATが救済し生き残っています。今後も頑張って良いマシンの開発を続けて欲しいですね。

走る宝石 F4

MV AGUSTAの中でもF4は特別な一台です。繊細で美しいデザインでありながら、サーキットではデザインとは裏腹に猛烈な加速や絶対的なスピードで人気を博しています。

並列4気筒998ccのエンジンは振動が少なくなめらかです。それだけではありません。このMVアグスタには「ノーマル」、「スポーツ」、「レイン」、「カスタム」という4つの出力モードが備えられており、状況によってライダーが選べるようになっています。ハイスペックなスーパーバイクを乗りこなすにはテクニックが必要ですが、このようにパワーセーブモードが備わっていれば安心して乗れますね。カウルの隙間からちらっと見える赤いフレームも美しくありながら剛性を保っています。

DUCATI(ドゥカティ)

DUCATI(ドゥカティ)はボローニャに拠点を置くオートバイメーカーです。1926年に設立された会社ですが、当初はラジオや無線機の電子部品を作る会社でした。1946年にOEMでエンジンを生産することがはじまります。1947年から販売権を獲得し今につながっています。

ドゥカティはこの初期の段階からレースに積極的に参加し、レース活動で得たデータを積極的に公道用市販車にフィードバックしていることでも有名です。もちろんその他のメーカーもレース活動のデータを公道用市販車に活用していますが、ドゥカティほどレース車両と公道用市販車の垣根が低いのは珍しいことです。

世界でもっとも美しいバイク パニガーレ

美しく速いオートバイと言えばこのパニガーレでしょう。この車名の由来は本社の所在地の地名から取られており、レースのために開発されてきたマシンです。そのため、時代の最新技術が凝縮された一台と言えます。カーボンパーツを多用し、軽量化がはかられ、至るところに電子制御が導入されています。「レース」「スポーツ」「ウェット」の3つのライディングモードが用意されており、その時のシチュエーションに合ったライディングモードを選択すれば、サスペンションやエンジン出力、トラクションを自動でセッティングしてくれます。しかし、いくらライディングモードがあるからと言っても乗りこなすにはそれなりの覚悟と技術が必要になってきます。だからこそドゥカティはバイクと共にライダーが成長してゆけるのです。

aprilia(アプリリア)

aprilia(アプリリア)は第二次世界大戦後自転車の製造から始まりました。1974年に本格的なモトクロッサーを制作しました。大型バイクからスクーター、モトクロッサーなど幅広いラインナップが特徴です。1990年代には日本人ライダーを起用しロードレースに参戦していたので日本でも馴染み深いメーカーであるとも言えます。2004年にはピアッジオの傘下に入りました。
国産メーカーのように小排気量のものからスーパーバイクまで幅広く取り扱っており、考え方も国産的であるためトラブルが少ないのがアプリリアの良いところです。信頼性があり、初めて選ぶイタリアンスーパースポーツバイクの中ではオススメだと言っても良いかもしれません。

APRC装備で誰でも速く走れる RSV4

スーパースポーツバイクというのはハイスペックであるため、乗り手もそれなりの覚悟が必要でした。しかし、安全にレースマシンを乗りこなしたいという欲求に応えてくれるのがこのRSV4でしょう。その秘密は搭載されているAPRCとアドバンスドABSです。この搭載により安全を確保しつつハイパフォーマンスなスーパーバイクを乗りこなせるようになったのです。APRCというのはアプリリア・パフォーマンス・ライド・コントロールのことで、レースで培ったノウハウを直感的で、誰にとっても使いやすく、洗練されたデザインに仕上げた電子制御システムです。車体の状態を常にモニタリングしライダーの意のままに出力をコントロールでます。

とにかく楽しいイタリアンスーパースポーツバイク

オートバイはとにかく楽しい乗り物です。温度や匂い、四季を直接肌で感じることができ、
空気と一緒に走る感じは車ではなかなか味わえないものです。今回は特別な3台をピックアップしました。車であれば同じような美しさとハイスペックを備えた場合、何千万円もするものがほとんどですが、イタリアンスーパースポーツバイクであれば同じような満足感を得られながらも、それを数百万円で購入し楽しむことができます。人生の幅を広げ豊かにしてくれるイタリアンスーパースポーツバイクライフをあなたも楽しんでみませんか。

INTRODUCTION of THE WRITER

Jun-.-nuj
name. Jun-.-nuj
旅行が大好きな30代です。プロトラベラーを目指して日々奮闘中です。

RELATED

不自由な日常から自由な世界へ自分を解放してくれる、そんなオートバイの魅力に取り憑かれている方も多いことでしょう。運転する楽しみや外の空気をしっかり感じながら走る快感は車では味わえないものです。 魅力的なオートバイはたくさんあるのですが、今回はその中でもイタリアンスーパースポーツバイクをピックアップしてご紹介します。