HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

まるでイージス艦 ”ウォーリーパワー118”

ヨットを持つということは、真の富裕層の仲間入りをするということです。世界には数々のヨットがありますが、今回紹介するヨットはそれらの中でも、デザイン性に優れ、高いパフォーマンスを誇るヨットです。”ウォーリーパワー118”は、まるでイージス艦のような見た目をしたヨットです。

ウォーリーパワー118

ウォーリーパワー118とは?

ウォーリーパワー118は、ラグジュアリーハイパフォーマンス ヨットです。ウォーリーパワー118は、そのインダストリアルでまるでイージス艦のようなデザインが特徴的なヨットで、60ノット(110km/h)という高速航行も可能な優れたヨットとなっています。ウォーリーパワー118を販売しているウォーリーヨット社は、モナコに本社を置くヨットメーカーで、イタリア人のLuca Bassani氏によって1994年に設立されました。ウォーリーパワー118は、ウォーリーヨット社を代表するモデルで、2005年にはユアン・マクレガー主演、スカーレット・ヨハンソン出演、マイケル・ベイ監督のSF映画アイランドにも登場しました。ウォーリーヨット社は本社をモナコに置いているものの、製造拠点はイタリアにあり、このウォーリーパワー118もイタリアの工場で製造されます。価格はガスタービンモデルが3300万ドル、日本円にして約37億円、ツインディーゼルモデルが2200万ドル、日本円にして約25億円となっています。

ウォーリーパワー118のスペック

ウォーリーパワー118のスペックは以下のとおりです。
全長:36メートル
最大船幅: 9,00メートル
喫水: 1,36メートル
排出量: 95 t
エンジン: 3 x DDC TF50 Gas Turbines(5600hp) + 2 ✕ カミンズ製補助ディーゼル(370hp)
ウォータージェット: Rolls-Royce Kamewa製 2 x 63 + 1 x 52
最高速度: 65ノット(120km/h)
航続距離:380海里(704km)
燃料タンク: 22,000 L
フレッシュウォータータンク: 1.200 L

ウォーリーパワー118は、3基のガスタービンがそれぞれ5600hpを出力し、合計16800hpを発揮し2基の補助ディーゼルとともに、20000hp近いパワーを出力するパワフルなヨットです。最高速度が120km/hと非常に高速で、航続距離も704kmと十分。ハイパフォーマンスヨットであることがわかります。イタリア・マラネロにあるフェラーリのウィンドトンネルでテストを行っており、空力性能もバッチリのヨットとなっています。また、船体は軽量素材でスーパーカーにもよく使われているカーボンファイバー製となっており、軽量化を図っています。

乗員乗客は 6人 + 6人のクルーとなっており、十分な人数が乗船することができます。

ウォーリーパワー118のデッキ

ウォーリーパワー118は、ラグジュアリーハイパワーヨットとして、デッキも非常に豪華でスタイリッシュなものとなっています。ガラス張りで開放感のあるデッキ内は、ウッドを多用しており、落ち着きのある空間となっています。船体自体はメタリックダークグリーンで仕上がられており、デッキ内はコックピット、ナビゲーション、ダイニングやサロンまで一本の線で繋がった連続したデザインとなっており、仕切りがありません。ベッドルームには、キングサイズのベッドとバスルームが備えられており、6インチのテレビも搭載されています。キッチンもあり、冷蔵庫やオーブン、コンロなども標準搭載されています。デザインも快適で落ち着きがあり、実用性も十分なキャビンとなっています。

スタイリッシュなラグジュアリーハイパフォーマンスヨット

ヨットを保有するということは、最高のステータスの一つです。多くのヨットが販売されており、それぞれがそれぞれの特徴を持っています。このウォーリーパワー118は、圧倒的な航行性能と、優れたキャビンを備える最高のヨットのひとつです。ありふれたヨットではなく、このウォーリーパワー118を検討してみるのはいかがでしょうか。

INTRODUCTION of THE WRITER

tenikoh
name. tenikoh
高級車の記事をメインに、資産運用についても紹介していきます。

RELATED

ヨットを持つということは、真の富裕層の仲間入りをするということです。世界には数々のヨットがありますが、今回紹介するヨットはそれらの中でも、デザイン性に優れ、高いパフォーマンスを誇るヨットです。”ウォーリーパワー118”は、まるでイージス艦のような見た目をしたヨットです。