HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

これで部屋の掃除は完璧ドイツ製掃除機 “ ミーレSDC ”

みなさん、掃除機は紙パック式派ですか?サイクロン派ですか?昔は紙パックが主流でしたが、最近はサイクロン式の掃除機を使う方が増えてきました。サイクロン式でもコードレスタイプのものなど、種類はたくさんあり、選ぶのも一苦労です。今回はサイクロン掃除機派の方にもぜひ知っていただきたいドイツ製の掃除機、ミーレSDCをご紹介させていただきます。

ドイツメーカーのミーレとは?

ドイツには「ベストブランド・アワード」というドイツ国内の指示されているブランドを選抜する表彰大会があリます。海外のメーカーも対象となっていますが、ドイツといえばポルシェ、フォルクスワーゲン、アウディ、など名だたる車メーカーの他にもボッシュなどの家電製品まで世界中で愛されるメーカーがたくさんあります。

そんな中で2015年に第一位に輝いたのが家電メーカーの「ミーレ」です。
ミーレはドイツでは非常に有名な家電メーカーですが、実は株式公開をしていない独立系のファミリーカンパニーという他の企業とは違う特徴持っています。上場企業でもないのに名だたるメーカーを抑えて堂々の1位になるミーレの製品、気になりますね。

ミーレは1889年にカール・ミーレとラインハルト・ジンカンの二人によって創業しました。掃除機の他に洗濯機、乾燥機、食器洗い機、冷蔵庫や電子レンジなど、生活家電ならミーレ、と思わせるほどドイツでは人気のメーカーです。

ミーレの掃除機の魅力は?

Tamaさん(@tama_426)がシェアした投稿 -

最近ではサイクロン式のコードレス、スティックタイプなどの手軽に使える掃除機が人気です。それに対してミーレの掃除機は少し大きめのフォルムに紙パック式という「昔ながらの掃除機」のような風貌です。それでも支持されるのは何故なのでしょうか。

実は筆者もサイクロン式派ではなく断然紙パック式の掃除機派です。理由は「お手入れが簡単だから」ということです。サイクロン式も手軽で紙パックの購入の必要がないなどのメリットはたくさんあるのですが、どうしてもサイクロンの掃除は億劫です。一軒家なら外に水道があれば外でフィルターの掃除もできますが、集合住宅に住んでいる場合は室内で掃除をすることになります。せっかく集めたゴミをまき散らかしながら掃除をすることにとても抵抗があります。

収納に関しても一見スティックタイプはスマートに収納できそうですが、専用のスタンドが必要であったり、長さがあるので収納場所に収まりきらないこともあります。掃除機ですので、スタンドに立てかけていてもできれば生活空間の見える場所には置いておきたくないですよね。

ミーレの「The掃除機」と言った掃除機は、使うのに少し抵抗がありそうですが、見た目もさることながら掃除機としての本来の役割を忠実に、完璧にこなす機械です。

ミーレの掃除機SDCの実力は?

✈まりあさん(@flying__maria)がシェアした投稿 -

それでは早速ミーレの掃除機SDCにはどんな魅力があるのかご紹介させていただきます。

① 清潔な紙パック

ミーレの掃除機は先ほどもお話させていただいたように紙パックです。SDCは排気フィルターだけではなく3Dダストバッグ、モーター保護フィルター、HEPAフィルターを搭載しています。その効果は99.9%以上の微粒子を集塵するという驚くべき数字で証明されており、掃除中の気になる排気もキレイです。寒い冬や花粉、黄砂の気になる時、窓を閉めて掃除機をかけることもできます。

② ハイパワーの吸引力

SDCはとにかくハイパワーです。どのメーカーもフローリングのゴミの吸引はどんどん進化していますが、いまいち苦手としているのがカーペットです。カーペットは毛がある分どうしてもゴミを吸引しにくいのですが、SDCはフローリングよりもカーペットでの吸引にずば抜けた威力を発揮します。

③ 動かしやすさ

SDCのキャニスターは360度自由自在に動くため、取り回しも楽です。見た目からは想像もつかないようなスムーズさです。

④ 頑丈な作り

さすがドイツ製、と言いたくなるほど頑丈な作りです。人が座ってもまったく問題ありません。

清潔に使えるだけではなく頑丈で長持ちするミーレのSDCは丁寧に掃除をする習慣のある日本人にはぴったりな掃除機とも言えます。大きな音が出そうな見た目ですが、他の掃除機に比べて低めの音がなるので、「うるさい」というイメージはありません。

ミーレ掃除機のデメリットは?

yumiさん(@home____h)がシェアした投稿 -

ミーレの掃除機のデメリットは「重い」ということです。約4.5キロほどの重さです。ワーゲンやベンツのドアの重さを思い起こさせるような重量です。しかし、細かいところの掃除がしにくいんじゃないの?と心配することはありません。専用のアタッチメントを付け替えることで手の届きにくいところも楽にお掃除できます。大きさも通常の掃除機に比べて大きいですが、コンパクトにまとめられる設計になっているため、場所を取らずにスッキリと収納できます。

また、操作ボタンが手元にないところも日本人にとってはなかなか慣れないポイントかもしれません。操作ボタンは基本的に掃除機の本体についています。モード変更は屈む必要がありますが、スイッチは本体を足で押す作りになっていますので、慣れればスマートに操作できます。

ミーレ掃除機のアフターサービスは?

(株)藤和さん(@towakk)がシェアした投稿 -

ミーレの掃除機は紙パックの他にフィルターなど消耗品が多いことが特徴です。これらの消耗品はミーレのオンラインショップから買うことができます。ドイツの製品ですが、日本にも店舗がありますので、不具合が起きた場合でもコンタクトセンターに問い合わせできます。必要な場合は出張修理もしてくれるので安心です。

INTRODUCTION of THE WRITER

Jun-.-nuj
name. Jun-.-nuj
旅行が大好きな30代です。プロトラベラーを目指して日々奮闘中です。

RELATED

みなさん、掃除機は紙パック式派ですか?サイクロン派ですか?昔は紙パックが主流でしたが、最近はサイクロン式の掃除機を使う方が増えてきました。サイクロン式でもコードレスタイプのものなど、種類はたくさんあり、選ぶのも一苦労です。今回はサイクロン掃除機派の方にもぜひ知っていただきたいドイツ製の掃除機、ミーレSDCをご紹介させていただきます。