HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

お土産探しに訪れたい金沢のショップ

風情あふれる城下町、金沢。北陸新幹線も開通し、東京から約2時間30分とぐっと距離が近くなった金沢。素敵なお店も多く、お土産選びにも悩みますよね。そんな金沢を訪れた際のお土産探しにぜひ立ち寄りたい北陸・金沢ならではの注目のショップをいくつかご紹介したいと思います。

Stoock(ストック)

金沢・尾張町にある「保存食専門店Stoock(ストック)」。北陸でつくられた保存食を販売しているお店です。こちらでは地元の生産者や調理人の方が知恵をしぼり、心をこめて丁寧に作られた保存食を厳選して置かれています。おしゃれな店内には小松市のトマトを使った石川県産トマトあめや加賀野菜や旬の果物を使った金沢ピクルス、石川県加賀市の生ハチミツなど、手間をおしまず、素材の良さにこだわって作られた一品がずらりと並びます。パッケージも可愛くおしゃれなものばかりで見ているだけでも楽しい空間です。せっかく金沢に来たのだからお土産も北陸や石川県のこだわりの逸品を選びませんか?

【所在地】石川県金沢市尾張町2-8-26
【tel】076-255-1283
【営業時間】10:00-18:00 ※定休日は不定休

ほしい食品たくさんあった~ とくに薫製もの。 #stoock #金沢

AIKA❀さん(@aikyaaaaaa)がシェアした投稿 -

[g]ift(ギフト)

金沢21世紀美術館や兼六園からも歩いてすぐの場所にある[g]ift(ギフト)。北陸のよさを感じてもらうことを目指した、北陸の魅力発掘と発信をするショップです。『メイド イン 北陸』をテーマに、商品は石川県・福井県・富山県で作られたもの、北陸3県の出身者がかかわるもの、北陸の魅力をつたえるものとし、店内には北陸のよさを感じる手仕事の伝統工芸、生活雑貨や食品など厳選されたものが並んでいます。歴史や自然豊かな土地で息づいた伝統の技や素材を活かした今までになかった新感覚の商品、北陸の季節を感じる商品など、北陸の魅力が詰まった商品ばかりです。北陸らしい地元のお土産や品物選びに困ってもここでなら気の利いた素敵な贈り物が見つかると思います。

【所在地】石川県金沢市広坂1-2-18 中村ビル 1F
【tel】076-222-2126
【営業時間】10:00-18:00 ※定休日は月・火

歴史ある金沢の工芸文化でも、#伝統工芸 の未来を担う、ニュージェネレーションズが熱い! 注目は、135年余の歴史を持つ #九谷焼窯元、上出長右衛門窯の6代目にしてクリエイティブディレクターを務める #上出惠悟 氏。こちらは #岡倉覚三 氏の『#茶の本』からインスパイアされて制作した“TEA”シリーズ。 「奇をてらったデザインというよりも、ヘリテージになるものを作っていきたい」と語る上出君。#上出長右衛門窯 の作品は「ギフト金沢」広坂店ほかで取り扱い中。 ・ ・ A new wave of #craft artists has picked up the mantle of Kanazawa craft tradition and is taking the industry by storm! At the forefront is Keigo Kamide, sixth-generation heir and creative director of 130-year-old pottery shop Kutani Choemon. Pictured are pieces from the “TEA” series inspired by Kakuzo Okakura, the author of the classic The Book of Tea. “My designs are not about originality so much as heritage,” says Kamide. Kutani Choemon’s tableware is available at Gift Kanazawa Hirosaka Shop and other shops around the country. ・ ・ #金沢 #kanazawa #上出長右衛門 #mycozycity #ellelocal #うつわ #japantravel #latergram #travel #trip #destination #bestoftheday #instatravel #ilovetravel #location #beautiful #instagramjapan #utsuwa #kutani

ELLE LOCALさん(@ellelocal)がシェアした投稿 -

factory zoomer

もう1件ご紹介したいショップはガラス作家・辻和美さんがデザインと制作を手掛けるガラスウエア工房「factory zoomer(ファクトリーズーマー)」です。ガラスの新しいスタンダード確立を目指し、生活を楽しむ方たちにこっそり使ってもらいたいという想いから1999年金沢市内に設立されました。辻さんのガラスウエアは気になるテーマや題材を作品に落とし込んで製作されたものをはじめ、300種類あるとされどれも芸術作品のような美しさがあります。2005年に同じく市内の清川町にショップをオープンしました。こちらでは辻さんが工房で制作されたガラス作品をはじめ、セレクトした作家さんの作品や毎日の生活を共にするこだわりの衣食住の品物がゆったり間隔をあけて陳列されており、これらの商品を購入することができます。ショップの2階にあるギャラリーでは定期的に作家さんの展示会やイベントが行われています。また工房内にあるカフェでは辻さんの作品のうつわで飲み物やスイーツを頂くこともできます。シャーレに入ったメニューも斬新で細部までこだわりを感じます。辻さんのガラスウエアですが、現在オンラインでの販売を休止されてるとのことで、うつわは直接ショップでしか買えないそうです。また2016年に金沢21世紀美術館の近くに新たにfactory zoomer/galleryもオープンしています。こちらは生活のハレに注目したギャラリーなんだそう。 金沢を訪れた際には素敵なガラスウエアを見つけにショップを訪ねてみてはいかがでしょうか?

factory zoomer
【所在地】石川県金沢市清川町3-17
【tel】076-244-2892
【営業時間】11:00-18:00 ※定休日は水曜日

factory zoomer/gallery
【所在地】石川県金沢市広坂1-2-20
【tel】076-255-6826
【営業時間】11:00-18:00 ※定休日は月曜日

今回お伝えしたご紹介したお店はどれも北陸・金沢の魅力やよさが伝わるこだわりのものなど北陸の魅力を存分に味わえる商品ばかりが揃ったショップです。金沢を訪れた際にはぜひ足を運び、あなたの日常にもぜひ北陸・金沢の一品を迎えてはいかがでしょうか?

INTRODUCTION of THE WRITER

mamecoco
name. mamecoco
海が見える街に住む1児のこどもをもつ主婦です。
旅行、お菓子作り、うつわ巡りが趣味です。
こちらで興味をもっていただけるような情報を記事にできたらと思っています。
よろしくお願いします(^-^)

RELATED

風情あふれる城下町、金沢。北陸新幹線も開通し、東京から約2時間30分とぐっと距離が近くなった金沢。素敵なお店も多く、お土産選びにも悩みますよね。そんな金沢を訪れた際のお土産探しにぜひ立ち寄りたい北陸・金沢ならではの注目のショップをいくつかご紹介したいと思います。