HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

いま欲しいのはブランドオマージュアート!

海外ドラマが火付け役となり、日本でもひそかに人気を呼んでいるブランドオマージュアート。ブランド×アートの絶妙バランスとエッジのきいた存在感は、モノトーンインテリアや最近多いと言われる「男前インテリア」などのモダンテイストにもぴったりです。お気に入りブランドのユニークなデザインを探してみませんか。

火付け役は「ゴシップガール」のPRADA?

それまでタブー視されていたハイブランドオマージュアートが注目されたきっかけは、やはり世界中で話題となったあのドラマ「Gossip Girl」でしょう。

長身ブロンドで誰もが憧れるセリーナ(左・ブレイク・ライブリー)と、通称「Queen B」の名を持つ親友のブレア(右・レイトン・ミースター)とその周りの仲間が繰り広げる恋愛ものドラマで、原作本は全シーズン(全6シーズン)通して400万部以上のベストセラーとなりました。

このGossip Girlセリーナの自宅マンションには現代アートの絵画が飾られているのですが、その一つが部屋中央のプラダの巨大ポスター。ドラマの中でもしばしばアクセントとしてクローズアップされています。

商標権、著作権に抵触しないのか?

Q.パロディアートを製作してネットで販売しようと考えているのですが、どこまでなら著作権を犯すことなく許されるのかおしえて頂けないでしょうか。

例えばネットで検索すれば出てくるようなシャネルやヴィトンなどのブランドのロゴや製品(かばんや香水など)の画像を保存し、フォトショップで色を変えたり上から別の画像を重ねたりしてオリジナルのポスターを作るのは問題ないのでしょうか。
極端な話なのですが、CHANELのEのところにペンキがかかってて正確に読み取れなければいいのかということです。
また、それをホームページに載せたり販売をしてもセーフですか?

A.著作物として同一性がない程度の改変、不正競争防止法上、相手の名称で商品を誤解させて販売させるといった目的がなければ大丈夫でしょう。
商売として、広くされるのでしたら、。具体的には、個別に事前相談に行かれるべきでしょう。

ハイブランド×アートの融合

CHANEL(シャネル)

シャネルのロゴをグラデーションで配したユーモアあふれるデザイン。白×黒でクールなところもシャネルらしさが出ています。

モダンテイストの、シンプルなインテリアに似合いそうです。

ハイヒールでサーフィンボードを小脇にかかえるという現実離れ度があるものの、背景のドット柄やスタンプデザインがおしゃれなオマージュアートポスター。

これはピンクですが、カラーバリエーションもいくつかあるようです。

Louis Vuitton(ルイヴィトン)

ルイ・ヴィトンのブランドマークをあえてカラフルにすることで、アーティステックな雰囲気が強調されています。

こんなにポップな色味をのせても、甘すぎるスイートな仕上がりにならないのはルイ・ヴィトンならではかもしれません。

Dom Perignon(ドンペリニオン)

高級シャンパンと言えばすぐに思いつく「ドンペリニオン」ですが、さらにルイ・ヴィトンのロゴとのコラボになっている作品です。

この2つのポスターは色の系統からも、メイン素材が木のインテリアにも合いそうです。

Hermes(エルメス)

エルメスの象徴とも言える、品のあるオレンジカラーを夕焼けに見立てた作品。エルメスの馬車と従者のロゴマークもすっかりなじんで見えます。

ちなみにエルメスのこのロゴマークには意味があるそうです。
従者は「エルメスの職人」、馬車は「エルメスのアイテム」を表していると言われていますが、そういえば馬車に乗る主人が不在です。

実はこの主人というのは「顧客」を指しており、エルメスの上質なアイテムを使いこなせるか落馬するかはお客様次第、という意味だそうです。

結構なプレッシャー。落馬したくありませんね。

一流絵画に匹敵する存在感

見つけた瞬間、アンテナに引っかかったいくつかのブランドオマージュをご紹介させて頂きましたが、お気に入りは見つかりそうでしょうか?

複数点をディスプレイしてしまうとケンカになることもありますが、そんな時はベースの色味を揃えることをおすすめします。

個性的なレイアウトが魅力のオマージュアート、決して一級品の絵画にも劣ることのない存在感を放ってくれることでしょう。

INTRODUCTION of THE WRITER

結城まい
name. 結城まい
普段はPRライターをしています。その他、音楽やジュエリーのサイトでも執筆中です。自分で書いた「おしゃれ観葉植物5選」の記事を読み、ミイラ取りがミイラに。すくすく育つフィカスウンベラータ(♡の葉っぱのやつです)が可愛くて、朝、自分がお水を飲むより先に水やりをするのが日課です(*'▽'*)

RELATED

海外ドラマが火付け役となり、日本でもひそかに人気を呼んでいるブランドオマージュアート。ブランド×アートの絶妙バランスとエッジのきいた存在感は、モノトーンインテリアや最近多いと言われる「男前インテリア」などのモダンテイストにもぴったりです。お気に入りブランドのユニークなデザインを探してみませんか。