HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

株と金、資産運用ならどちらが有効? 金の実物投資について考えよう

昨今、現物資産としての金に注目が集まっています。金価格の推移としては2000年にはおよそ1,000円/gでしたが、2005年には1,600円/g、そして現在は4,500円/gと上昇を続けています。一年を通じて多少の上下はあるものの、長い目で見た場合、着実に金の価値が上がっていることがわかります。 株価や紙幣はその信用の上に成り立っており、それがなければただの紙切れにすぎませんが金は有史以来、価値はゼロになったことはありません。 資産として金を考えた場合、どのような点がメリットなのか考えていきましょう。

金相場とその取引について

世界の金マーケットでももっとも権威があると言われているのがロンドン市場です。日本ではそのロンドン市場で公式認定機関として認められている田中貴金属が発表する相場を元に取引を行うジュエリー会社が多いようです。
その金相場は毎朝9:30にホームページ上で発表していますので、誰でも確認することができます。(ただし土日祝日、年末年始を除く)

株と金、どちらが投資に向いている?

金地金 買っておけば良かった(°_°) #金 #金相場

TAKAHIROさん(@omiaikids)がシェアした投稿 -

金の場合、ここ10年でも相場の上下こそありますが、確実にそのグラム単価は上昇しています。このようにして考えると短期的には若干の上がり下がりはあるものの、長期的に見た場合、その価値は0円になる事はまず考えにくいと言えるでしょう。

歴史上の評価を総括するならば、金は最も価値のある金属と考えられてきた。また純粋、価値、特権階級の象徴としてもとらえられてきた。これは、金が他の金属と比較して年代を経ても基本的な性質を損なわず、価値を保存する性質に優れていたことが大きな理由である。

金の希少性

株も金も相場が変動するという点は共通しています。株はご存知のようにその価値がなくなってしまうと紙一枚の扱いになることもあり得ます。
その株の歴史に対して、金は古代エジプト時代から人々はその価値を見出していました。金は他の金属に比べ、埋没量が少なく希少性に富んでいます。そのため古代の人々もその価値を認め、ジュエリーにして身につけていたと思われます。
現在発掘可能な金の埋蔵量のうちすでに2/3は掘り起こされており、50年後にはリサイクルの金がメインで流通するとも言われています。

1910年からこれまでに、究極可採埋蔵量のうち75%ほどの金が産出されてきたと考えられている。地質学的に、地球上にある採掘可能な金の埋蔵量は、一辺が20 mの立方体に収まる程度と考えられている。

金は極めて有限な希少性の高い地球上の資産であるとも言えますね。

金とプラチナ、投資に適しているのは?

金と同様に希少性の高い金属としてはプラチナが挙げられます。しかもプラチナは1トンの鉱石から指輪一つ(約3g)しか作れないと言われるほどです。また経年変化に強いことから、特に日本の女性にはジュエリーとしても人気の高い貴金属です。
しかし投資においてはプラチナはあまり向いていないと言えるでしょう。その理由の一つとして、プラチナはジュエリーの素材として使用される他、自動車部品にも多く使われており、工業用としての需要の高い金属でもあります。したがって自動車業界の景気をそのまま受けた相場の動き方をすることが常です。つまり相場の上下が激しすぎて投資として考えるにはあまりにハイリスクだという事なのです。
実際のところ、数年前には一時期7,000円/g前後まで上がっていましたが、それも短期間で終わり今では金よりg単価が安くなっています。

今後の金の値動きについて

通貨戦争という著書がベストセラーになった経済評論家・投資家のジェームズ・リカーズ氏は、金価格が1万ドルに達する可能性があると話しています。

2016年4月に【The New Case for Gold】という著書を出版。世界の通貨安戦争は続いており、金融緩和は需要不足を解決できず、いずれ、金本位制が復活するというのがジェームズ・リカーズ氏(ジム・リカーズ)の主張。

 米トランプ政権による税制改革案が公表されたものの財源が明らかにされず、同政権への政策遂行能力には疑問符が付く中で米国金利高とドル高は調整局面に入っている。また、シリアや北朝鮮を巡る緊張は続いており、地政学的リスクの高まりから金が選好される展開が今後も見込まれるだろう。

相場については絶対などありませんので断言は難しいのですが、専門家によると金の価格が上昇する材料は整っているようです。金相場は世界情勢の影響を強く受けるので、今後世界にどんな出来事が起こるのかによってもちろん変わってきます。
しかし紀元前からの長い歴史を持つ安定した金の相対価格は、長期的な観点からは投資に適していると言えるのではないでしょうか。
まずは日々の金相場をチェックしてみることから始めてみるのはいかがでしょうか。

INTRODUCTION of THE WRITER

結城まい
name. 結城まい
普段はPRライターをしています。その他、音楽やジュエリーのサイトでも執筆中です。自分で書いた「おしゃれ観葉植物5選」の記事を読み、ミイラ取りがミイラに。すくすく育つフィカスウンベラータ(♡の葉っぱのやつです)が可愛くて、朝、自分がお水を飲むより先に水やりをするのが日課です(*'▽'*)

RELATED

昨今、現物資産としての金に注目が集まっています。金価格の推移としては2000年にはおよそ1,000円/gでしたが、2005年には1,600円/g、そして現在は4,500円/gと上昇を続けています。一年を通じて多少の上下はあるものの、長い目で見た場合、着実に金の価値が上がっていることがわかります。 株価や紙幣はその信用の上に成り立っており、それがなければただの紙切れにすぎませんが金は有史以来、価値はゼロになったことはありません。 資産として金を考えた場合、どのような点がメリットなのか考えていきましょう。