HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

【父の日のギフト】人気の銘酒をセレクトしよう

父の日のギフトに、人気のお酒を贈ってはいかがでしょうか?今回は、いくつかのジャンルごとに人気のブランドをご紹介。お酒と一緒に贈りたいおつまみについても触れています。父の日に親子で銘酒を酌み交わすというのも、なかなか素敵ですよ。

父の日のお酒はブランドにこだわりたい

父の日にお酒を贈るなら、やはりブランドにこだわりたいものです。なぜなら、「父」はその家のブランドだから。ぜひ、父上を象徴するような銘酒をセレクトして差し上げてください。

父の日に喜ばれる銘酒5セレクト

1.【獺祭(だっさい)】日本酒

Risaさん(@risakj)がシェアした投稿 -

こちらは、日本の首相からアメリカのプレジデントに贈られたことで世界的にも有名になった日本酒です。純米大吟醸が自慢のブランドですが、父の日のギフトにはスパークリングタイプなどもいいのでは?

2.【白老梅】梅酒

こちらは、江戸時代からのレシピを受け継いで造られる梅酒です。梅は国産で、愛知県知多市の「佐布里梅」というブランド品種が使われています。長寿を思わせるネーミングも縁起がよく、父の日のメッセージにふさわしい逸品といえます。

3.【竹鶴】ウイスキー

こちらのウイスキーは、その誕生秘話が公共放送でもドラマ化されました。そう、竹鶴政孝によって生み出された国産のウイスキーです。父の功労をたたえるなら、この重厚なお酒を贈るのもいいのでは?

4.【ミラヴァル】オーガニックワイン

こちらは、南フランスのワイナリーで醸造された100%オーガニックのワインです。世界的セレブが所有するワイナリーのワインとしても話題になりました。ワイン通のパパのみならず、日頃はワインを口にしないダディにも1度味わってもらいたい銘酒です。

5.【アインガー セレブレーター】ドイツビール

こちらは、本場ドイツの有名ビールです。世界のビールは日本でも多く飲まれますが、せっかくなら本格的なドイツビールはいかがでしょう?父の日あたりは、ちょうどビールのおいしい季節です。

おつまみも一緒に贈るのがおすすめ

父の日にお酒を贈るとき、おつまみも合わせるのがおすすめです。それは単にお酒がすすむというだけでなく、おつまみと一緒に味わうことでより有意義な時間が生まれるからです。

ここでは、お酒に合うおつまみをご紹介。王道のものから、意外性のあるものまでいろいろあります。

高級珍味キャビア

こちらは、言わずと知れた「世界三大珍味」の1つでチョウザメの卵を塩漬けにしたものです。日本の珍味では「からすみ」「数の子」「いくら」などがおなじみ。魚卵特有の旨みやコクを味わうのには、芳醇なウイスキーや日本酒がおすすめです。

チーズ

おつまみの定番ではありますが、せっかくなら普段口にしないような種類を選ぶといいのでは?また、そのままで食すだけでなく、軽くグリルしてラクレットチーズ風にアレンジしたものもどうぞ。ワインやビールにおすすめです。

ローストビーフ

ローストビーフなら、オードブルとしてもメインディッシュとしても楽しめます。つまり、ギフトのお酒と合わせればそのまま「父の日ホームパーティー」ができてしまう優れたおつまみなのです。ワインやビールにおすすめです。

ソーセージ

ドイツビールを贈るなら、同じく本場のソーセージがおすすめです。もちろん、どのビールにも合います。ソーセージの食べごたえと、ビールの喉ごしは最高の組み合わせ。「父の日バーベキュー」など企画してもいいのでは?

チョコレート

チョコレートの甘さと香りは、洋酒にぴったり。特にウイスキーにおすすめです。チョコレート選びのポイントは、お酒の「色」。濃い色ほどカカオ分の高いものを選ぶというのが「通」なセレクトだそうですよ。

甘納豆

昔ながらの駄菓子として知られる甘納豆。意外にも「おつまみ」として人気です。専門店のものなら豆の種類も豊富で、ギフトにふさわしい高級感もあります。甘口の日本酒や梅酒、ワインなどを食後酒にしながら、デザートとしても楽しめます。

父の日は銘酒で父を酔わせる日

父の日には銘酒とおつまみをギフトし、有意義なひとときをお過ごしください。その心づくしに、父上もきっと酔いしれることでしょう。

INTRODUCTION of THE WRITER

harumiharu
name. harumiharu
暮らしに華を添えられますように

RELATED

父の日のギフトに、人気のお酒を贈ってはいかがでしょうか?今回は、いくつかのジャンルごとに人気のブランドをご紹介。お酒と一緒に贈りたいおつまみについても触れています。父の日に親子で銘酒を酌み交わすというのも、なかなか素敵ですよ。