HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

【札幌市円山エリア】オシャレなカフェ&オーガニック専門店特集

道外から来た方が「札幌に住むならどこがいい?」と聞かれると、まず上がるのが〝円山〟エリア。円山公園に円山動物園、北海道神宮など札幌にいながら自然にも触れ合えて、緑も多く魅力的な土地柄で、デザイナーやイラストレーターが運営する店も多くあります。その円山地区の中でも、長く愛されている店舗の一部をご紹介します。

札幌・円山エリアとは?

お洒落なカフェやオーガニック専門店がたくさん!

①札幌の名店・カフェ森彦(古民家カフェ)

森彦は、札幌市内でも特に有名なカフェです。 円山にある1号店は、
2016年で創業20周年を迎えました。
自家焙煎による種類豊富なオリジナルブレンドや、自家製デザートが人気。
札幌市内のカフェの中でも知名度は高く、ファンも多いです。

円山地区の古い木造民家を改装した「森彦」は、周辺の散策も楽しい。
市内には他にも、「アトリエ・モリヒコ」や「Plantation(プランテーション)」といった姉妹店が
あります。オリジナルギフトもおすすめです。

②couscousoven+hoppers(マクロビやオーガニックスイーツ、オリジナル雑貨店)

ke*さん(@ke_kotiin)がシェアした投稿 -

couscousoven+hoppersは、オーナーが2人です。
イラストレーターのマット和子さん(雑貨担当)と野口のりこさん(オーガニックスイーツ担当)。
カエル好きなマットさんの雑貨と、アレルギーがあるお子さんでも食べられる自然素材の
スイーツが可愛い。

アレルギー対応の卵や乳製品フリー、砂糖の代わりに天然のシロップで代用されていて、
お母さんの優しさがたくさん詰まったお菓子が並んでいます。単価はちょっと高めかも
しれませんが、身体にも自然にも優しいお菓子やギフトは、とても喜ばれます。
店内では定期的に、円山地区在住の作家による展示会もあり、創作意欲が刺激されそうです。

③らる畑(オーガニック食材店)

らる畑は、1986年創業です。
札幌の自然食品を扱う店としての知名度は高く、円山地区で愛されている店のひとつです。
「らる」とは、「LOVEする」を縮めた造語。
北海道だけでなく全国の商品を扱っており、バラエティに富んでいて好奇心が刺激されます。

2016年からは「らるごはん」もスタート。
身体と心に優しいごはんは、店で扱っている有機食材や調味料で作られています。
他のお店のお弁当よりは、少し割高かもしれませんが、素材本来の美味しさが感じられます。

④チーズの店・コンテ(チーズ専門店)

チーズの店・コンテは上記の店に比べるとまだ歴史は浅いですが、
ヨーロッパ産や北海道産など、様々な国や地域のチーズが楽しめます。

チーズのハイティーパーティーは、夕方に、紅茶がわりにワインをお供に
様々なチーズを楽しめます。ソムリエ資格を持った講師がリードしてくれます。
曜日によっては、イタリア語講座を体験できます。
ヨーロッパや道産チーズは、曜日ごとに入荷されるのでが楽しみです。

円山エリアは、円山動物園や円山公園、伏見稲荷など緑も多く魅力的な店舗が
たくさんあります。札幌中心部からも地下鉄で2,3駅くらいの距離ですので、
訪れた際には是非、足を伸ばしてみてください。

森彦や各店舗情報のアクセスなど

札幌の文化とおいしいコーヒーを 森彦
http://www.sapporo.travel/find/foods/morihico/

からだに、自然に優しいお菓子 couscousoven+hoppers(クスクスオーブンプラスホッパーズ) 
http://www.couscoushoppers.com/

札幌円山のオーガニック・自然食品専門店 らる畑
http://rarubatake.com/?mode=f1

チーズの店・コンテ
https://www.cheeseconte.com/

INTRODUCTION of THE WRITER

mgyk0913
name. mgyk0913
カラーコーディネーター、カラーセラピスト、
センセーションカラーセラピストティーチャー、主婦

美味しいもの、ドライブ、お洒落、カラーや人と接するのが大好きです。このサイトで素敵なお店やランチなどの情報をお伝えできたら幸いです。

RELATED

道外から来た方が「札幌に住むならどこがいい?」と聞かれると、まず上がるのが〝円山〟エリア。円山公園に円山動物園、北海道神宮など札幌にいながら自然にも触れ合えて、緑も多く魅力的な土地柄で、デザイナーやイラストレーターが運営する店も多くあります。その円山地区の中でも、長く愛されている店舗の一部をご紹介します。