HOLISTIC STYLE BOOK 富裕層向けメディアサイト

【大阪】秋の味覚! 素材の美味しさを感じるさつまいもスイーツ

11月になり、気温もぐっと下がり季節が冬に向かっていることを感じる今日この頃。旬をむかえたさつまいもも今が一番おいしい季節です。今回はそんなさつまいものおいしさを存分に味わえるお店をご紹介したいと思います。

蜜香屋(みっこうや)

大阪の地下鉄梅田駅から一駅の中崎町。どこか懐かしいレトロな風情あふれる町並みにおしゃれな雑貨屋さんやカフェが立ち並び、最近人気の観光スポットとして注目されているエリアです。そんな中崎町には地下鉄の1番出口を出てすぐの場所に通称「おいでやす通り」として人々に親しまれている「天五中崎通商店街」があります。

その商店街に2016年12月にオープンしたのが、さつまいもスイーツのお店「蜜香屋(みっこうや)」さんです。2009年に焼き芋屋として中崎町の路地裏で営業を開始し、昨年カフェを併設したお店として移転オープンされました。

@rion_ppeがシェアした投稿 -

お店の目印は焼き芋を抱いたおじさんのイラストが描かれた黄色い壁のお店です。お店のテーマカラーは焼き芋色になっているようで、店内にはイートインスペースもあります。テイクアウト用の
窓口で焼き芋を買い、お店の前に置いてある椅子に座って焼き芋をほおばる方も見かけました。

土づくりの大切さを伝え、土づくりからこだわってつくられたお芋のおいしさを知ってもらい、そこから生産者の方やお客様との輪を広げたいとお店を始めたオーナーの石山陽介さん。大学卒業後に土壌改良剤のベンチャー会社で土に触れ、その土をつかった作物の美味しさに気づいたことが独立決意につながったそう。そして種子島での安納芋を栽培する農家との出会いを経てお店をオープンされました。

土づくりからこだわったお芋を使った石山さんのさつまいもスイーツは今では大阪各所の百貨店からも催事出店の声がかかる人気ぶりです。

お店で使用される焼き芋は産地にこだわらず、その時期のおいしいさつまいもを選んでガスオーブンで1時間ほどかけてじっくり火がいれられます。季節によって種類は変わりますが、常時3種類のさつまいもが揃っています。

お店の看板商品である「安納芋」は種子島の契約農家さんと土からこだわって関わり生産したお芋です。半分に割ってみると綺麗な黄金色でねっとりした食感と濃厚な甘みが特長です。秋に収穫したものを2、3ヶ月寝かしてより糖度を上げています。冬季限定のなのでこれから楽しみな商品ですね。

徳島県産の「なると金時」はホクホクした食感で変わらない優しい美味しさに懐かしさを感じます。また茨城県産の「シルクスイート」は甘みが強く、しっとりしていて美味しく人気がある品種だそうです。

他にもイートインでは焼き芋サンデーや蜜芋ぜんざいなど焼き芋スイーツも展開されています。特におすすめなのがお店がある中崎の名前がついた「中崎ポテト」。薄く縦に切ったさつまいもをパリッと揚げているチップスです。お芋を焼いた際に内側から滲み出す蜜から作ったシロップをかけていただきます。塩もかかっていて蜜がかかった甘い部分とほんのりついた塩味が混ざってあまじょっぱい感じがたまらない一品です。こどもも食べやすい味なのでおやつにもよさそうですね。

【所在地】大阪府大阪市北区中崎町1-6-20

【tel】06-6147-9320

【営業時間】12:00-19:00 ※定休日は火曜日

お芋の品種によって違った味わいが楽しめる焼き芋。シンプルな作り方だけに、土づくりからこだわったさつまいもの美味しさを改めて感じます。季節によって置かれる品種も違うので来店する度に違うお芋をオーダーして食べ比べてみるのもよさそうですね。おいしいさつまいもスイーツを求めて中崎町を訪れてみませんか?

INTRODUCTION of THE WRITER

mamecoco
name. mamecoco
海が見える街に住む1児のこどもをもつ主婦です。
旅行、お菓子作り、うつわ巡りが趣味です。
こちらで興味をもっていただけるような情報を記事にできたらと思っています。
よろしくお願いします(^-^)

RELATED

11月になり、気温もぐっと下がり季節が冬に向かっていることを感じる今日この頃。旬をむかえたさつまいもも今が一番おいしい季節です。今回はそんなさつまいものおいしさを存分に味わえるお店をご紹介したいと思います。